映画、マスカレードホテル、を見てきました。

カミさんと、映画を見に行きました。

木村拓哉(キムタク)の最新作です。

原作は東野圭吾

カミさんは頑張って見ないといけない映画が苦手
半分寝ていても大丈夫っていう安心できるのが良い。

今回、なんで半分寝ていても大丈夫かというと
原作を読んだから。
カミさんはまあまあ推理小説が好き。
特に東野圭吾は新参者シリーズとかも好きだったし
絶対にハズレがないという安心感があります。

最初から、キムタクで映画化という本屋での大々的な宣伝を見てから
本を買って読んでいるから
映画に行くのは最初から想定済み

マスカレードホテル

調べると
おおおっ、GOLD CLASS でやってるよ

GOLD CLASSとは、武蔵村山市にある巨大ショッピングモール
ダイヤモンドシティの中にあるイオンシネマ
5番スクリーンのみにある特別シート。

夫婦でどちらかが50歳以上なら割引で通常一人1100円のところ
1600円
2階席でスクリーンの真ん前で
シートもゆったり。
再度テーブルまで付いている。
しかも400円程度の飲み物がついてくるから
正直、ほとんど変わらない。

通常、洋画の一番人気のものしかやってくれないんだけど
えっ、邦画もやってくれるんだ。
これはヒットすると、映画館も読んだ訳ですね
良いじゃないですか。

どういう映画かという
連続殺人から謎解きし
あるホテルで殺人が行われるであろうという予想

キムタクを始めとした警察の面々が
潜入操作として、ホテルマンに扮し
犯人を追い詰めるというもの

あらかじめ犯人を知っているカミさんは楽々
推理なんてしなくても良いんですから
ほんとに寝てても大丈夫です

犯人知りたい?
犯人はねぇ

コラーッ

犯人は○○なの

言っちゃったよ
ほぼ半分に絞れちゃいます。

まあ、本当の事を言ったか嘘を言ったか分かりませんからね。

感想
かなり良い映画でした。

良い設定ですね
ホテルというのは入れ替わり立ち替わり色んな人がやって来ますから
来る来る。怪しげな人たち

この人かなあ
違った
じゃあ、今度?

豪華な顔ぶれ、個性派揃い。

結局、カミさんは嘘は言っておりませんでした。
とんでもない奴ですね
でも、半分にしか絞られていませんでしたから
やっぱり最後まで犯人は分かりませんでした。

これ、途中で犯人分かる人
よっぽどの天才か
原作読んだ人ですね

こういう言い方をして良いのか
この映画の見処は
推理じゃなく、人間ドラマです。

当然ホテルマンなんてやったことがない、キムタクが
フロントに配属させられちゃって、四苦八苦

お客様の無理難題に忍の一時

指導役の長澤まさみはベテランの
百戦錬磨のフロント担当

立場も目的も全く違う二人がぶつかり合いながら
成功失敗を繰り返し
お互いを認め合えるようになるという展開

ありがちではありますが
丁寧に作られていて
素直に色んな場面にほろっとさせられます。

やっぱりキムタクは大したもんです。
このような筋書きだとキムタクの右に出る人はいません。
いつものキムタクの感じを思い浮かべて下さい。
はい、そのままです。

とても大事な時期なので、イメージチェンジにチャレンジするのは
一旦小休止したんでしょうね。
あまりにイメージ通りなので、ふーてんの寅さんに匹敵する安心感があります。

ちなみに、カミさんがエンドロールの字幕で見つけたんですが
明石屋さんまが出ていたそうです。
カミさんも私も全く気づきませんでした。

帰ってからネットで検索すると、宿泊客のエキストラ出演だそうです。
あの人が、台詞なしで良く我慢できましたね

索引はこちら


トベラ

花カレンダー始めました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です