[宇宙] 隕石は星のかけらなのか

宇宙シリーズ、今回は隕石の話です。

隕石って
隕石って、星のかけらなの?

いえいえ、そうではありませぬ

星のなりそこないなんですって。

火星と木星の間に、小惑星帯(アステロイドベルト)というのがある

45億年前、小さな天体が合体しながら、太陽系の惑星が出来ていったんだけど
その時に乗り遅れちゃったものたち

彼らが同じような公転軌道を持つようになったのが、小惑星帯
そこから地球にやって来て、地表まで燃え尽きずに落っこちたのが隕石

こちらは、現在のところ最大とされているホバ隕石

昔の人はビックリしたでしょうね
空から石が降って来るわけです。
神としか思えません。
神社が建てられ、祀られた事もあります。

私にとっては隕石と言えば、新宿区にある宗参寺
磯田道史先生が、江戸時代に、江戸に落ちた隕石の場所を特定しちゃった話

いてもたってもおられず、新幹線に乗って、その隕石を探しに、宗参寺まで来たと本に書いてあった
結局は隕石は見つからなかったんだけど
ならば私がその意思を受け継いで探して参りましょうと、宗参寺に向かった
江戸時代に新宿に落ちた隕石を探して
やっぱり見つからなかったんですけどね

南極
隕石と言えば南極
南極では隕石が発見しやすいんです。

隕石カタログ(Catalogue of Meteorites 2000年版)には2万2507個の隕石が載っているが
そのうち、南極の隕石は、1万7808個

もちろん南極にだけ隕石が落ちた訳ではありません。

南極に落ちた隕石は、氷で覆われます。
やがて氷河となって移動し
氷が溶ける場所に来て、溶けて、中の隕石を吐き出します。
このメカニズムが分かると
ゴロゴロ隕石が転がっている場所が分かります。

氷で覆われて、変質しづらいので
貴重な宇宙の情報が豊富に含まれているそうです。

みなさんも南極においでの暁には
隕石を探してみてはいかがでしょう。

[科学]シリーズはこちら(少し下げてね)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です