[首相]11 高橋是清。経済はだるまさんに任せましょう。

首相シリーズ

超大物、原敬(はらたかし)が東京駅で暗殺されました。

できればそのままの方針で行きたい
でも、政友会色が強くない人の方が良いだろう。

ということで、少し前に政友会に入ったばかりの、あの人でどうだっ

高橋是清

だるま宰相
まさしくだるまですね。

だるまのごとき七転び八起きの人生。

まずは前半生から

奴隷
生後まもなく、仙台藩の足軽、高橋覚治の養子となる。

10歳。時代は幕末に差し掛かります。
頭角を表した是清は藩に認められ、
これからの時代は英国の事を勉強すべし、と
横浜へ派遣される。
ヘボン式ローマ字で有名なヘボンさんのヘボン塾に入って勉強。

ここまで見ると、苦労しながらも一生懸命真摯に学んで社会に貢献した
偉人たちのイメージになりそうでしょ。

違うんだなあ。
このあと数々の失敗を繰り返しながらも復活するのですが
はっきり言って半分くらいは自分が悪い。
でも、それらの失敗があったからこそ
日本史史上最高の経済のスペシャリストになり得た気がします。

経済って生き物で、理屈じゃ何ともならない。
その時々の野生の勘で舵取りすべき。その勘が働くようになったんじゃないかと。

10何歳かという若さで酒と博打を覚えてしまう。
おかげて何度か失敗をおかし、すこぶる仲間うちで評判が悪い。
真面目な仲間たちは、アメリカに留学したりするが
行かせてもらえない。

悔しいっ
ゴリ押しして何とかアメリカ留学させてもらえるようになったんだけど
無理したのが悪かったんでしょう
留学話は全くの詐欺だった。
学費や渡航費用等だまし取られていた。
13歳で渡米

さらに
プリーズ サイン ヒヤア

言われるがままにサインしたのは奴隷契約書
奴隷労働を強いられる

なんかとってもキツいなあ

本人は奴隷だと気づいていない。
あまりのキツさにストライキをしたりもして、何とかかんとか
おかげで、やっと帰れるようになった時には英語はペラペラ

帰国してまだ14歳。明治元年。
森有礼の書生になります。

翌年、神田に開成学校(後の帝国大学)が出来ると森の薦めで入学。
ところが、明治2年に英語がペラペラな人はとても貴重。

生徒じゃく、先生ということでお願いできませんか。

えっ、良いんですか?それじゃあ。
まだ15歳なのに英語の先生って

そこで真面目にやってればねえ。

芸者遊びを覚えて放蕩生活
15歳のやることか
こらあっ

17歳ではとんでもない貧乏生活。
ようやくちょこっと反省。
心を入れ換えて頑張るぞ。

また、森有礼の紹介で、開成高校の教員
さっきは開成学校。今度は開成高校ね
この時の生徒に正岡子規やバルチック艦隊を打ち破る秋山真之がいます。

心は入れ換えたんですがね
根っから騙されやすい性格
乳牛事業に誘われ手を出して失敗
銀相場にも手を出して失敗
損失を取り戻そうと、米相場に手を出して失敗

何してんのよ。勘弁して。

でも、相次ぐ失敗が経済の怖さを身を持って知ることに繋がるんです

その後、農商務省に入り
頑張って、新設された工務局登録商標所長に就任
30歳です。
ああ、良かった。

原敬とも出会います。
専売特許局長
東京農林学校長も兼務し
いよいよ波に乗ってまいりました。

農商務省の先輩から
ペルーでの銀山事業に誘われる。

えっ、悪い予感

特許局の仕事をやめ、ペルーへ渡ります。

はい。お察しの通り。

ペルーの銀山はもうすでに掘り尽くして廃山になっていました。

農商務省の先輩は悪いと思って、かけずりまわり
北海道庁の役人の職を紹介。
でも断る。
食うに困ったと職に就くのでは言いたいことも言えなくなる。

それでも、はいそうですか、って訳には行かない
責任を感じちゃっているので、今度は日本銀行の仕事。

日銀総裁川田氏は、是清の能力を知っていたので、何とかしたい。
でも、あいつは山師だ、との評判が立ってしまっていた。

正社員は無理だけど、建設中の建築所事務主任として試用採用。
上司は何と辰野金吾
かつて先生だったときの生徒だった。

それがどうした。
ひたすらに働く。

認められて数ヶ月後正社員に
そしてさらに、山口県の西部支店長になる
ここから、金融の、そして経済のスペシャリストとして
数々の伝説的な仕事を成し遂げていくのです。

そんじょそこいらの頭でっかちさんとは失敗の数が違わい!という自信。
「欲」って判断を狂わし何の良いことももたらさない、という学び
それが、引くと押すの動物的勘をもたらし

生涯変わらなかった、人から頼まれると嫌とは言えない性格の良さが
今まではマイナスにしか働かなかったのが
全てプラスへと逆転していく。

後半の人生はシリーズの次回ね

[首相]シリーズはこちら(少し下げてね)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です