銀座であえて細道探索、銀座のはらわた

東京散歩学という本を読みました。

郵便ポストについて書いてあった、あの本です。

今日は、隙あらばお出掛け
本の中にあってずっと気になっていた企画
「東京の狭隘路地を探索する」

細い道ばっかりあえて行きましょうという
なんともマニアックなもの

行って見ようじゃないの

銀座一丁目から
ワクワクドキドキ
ホントにそんなの辿っていけるんだろうか

地図はこんな感じね

銀座一丁目、3番出口を地上に上がり、
高知と沖縄のアンテナショップの間を入り・・・

あったー
いきなり感激
幸先良いぞ

そんなに細くないですね
まだまだ、これからですよ

説明の通り辿って行けてます。
途中のビルの谷間に幸稲荷

今日はこんなのがいっぱい出てきます。

柳通りで銀座の柳由来碑

こんな道とかも通りつつ

出たっ
あのティファニーの左横、英国屋との間

こんな道通ったことありますか。
ある訳ないですね。
よほどのひねくれもん。
天晴れ東京散歩学
立派な学問になっとります。

同じような道を通っては広い道に出て、また狭い道

松屋
途中松屋の店内を裏から入って通ります。
本に松屋一階の天井に
帝釈天及び四天王(持国天、増長天、広目天、多聞天)を表す梵字が張り付けてあると。
おおっ
七福神ファンとしては確認せざるを得ません。

とはいえ、どこに何があるのか

こういうときはお姉さんです。
デパートではとても綺麗なお姉さんが
お願いですから質問してくださいと
待ち構えておられます。
すぐ横に店内案内図があって、見りゃすぐ分かるときも
そんなことはいたしません。
マナー違反ですから。
私のような若輩者が、お仕事のやりがいに一役買えるのであれば喜んで。

本を見せて
すいません。
天井にこのようなものが・・

はい

おおっ。
間髪を入れずに返ってきた。
さすがは綺麗なお姉さん。

予め用意されたパネルを見せてくれて
とても分かりやすいご説明
すぐ分かったのですが
再確認しませんと。
ということは、こういうことですね。




全部撮りましたがあとは省略。

プランタン
ええっとそのつぎは、プランタンの手前を左に入って
元東京電力のビルを越えたら左に入る細い路地

ところが地図にあるその場所にあるのは
違うデパートと工事中の場所。
確かプランタンはおじさん読みするとプリンテンプスだったと思うんだけど。

これを怖れておりました。
何と言っても銀座は日本一入れ替わりの激しい町
困った。
おそらく、この工事中の敷地内に細道があったのではないか。

分からなければ素直に聞かなければ。
おっと、あそこに綺麗なお姉さんがいるではないか。

すみません。
ここは、プランタンでしょうか

はい
以前はプランタンと申しておりました。
お客様、どちらに向かわれているんでしょう。

どちらと言われると、さあどちらなのか。
この赤い点線を辿って行っているんですけど。

赤い点線でございますね。
この元東京電力ビルが工事中の場所なのかお調べいたしましょうか

いえいえ、そこまでしていただいては申し訳ありません
ここがプランタンなら分かりますから大丈夫です。

工事中の箇所を飛ばして
細道の出口の場所に行って除き込んでみた。

おおっあった。
ほっそー
あれ、ひょっとして逆側に出れるのか

逆に辿っていって、よし出たっ。

このコーヒー屋の黄色いところの横を奥に入っていけて
こんな道を通れます。

途中、下に置かれた看板が道を塞ぎますが
どっこいしょとまたぎます。

神社
途中また、細道の中に突然現れる宝童稲荷

あっ、ビックリした。
背中に羽の生えた、下半身もあらわな子供が覗いてた。

次々細道を通り
あるビルに稲荷神社(朝日稲荷)がはめこまれていた。

本尊はビルの屋上で行けるらしい。
行ってみよう。

最上階まで行ってさらに階段

写真で分かりにくいよね
ビルの屋上にある神社

朝日稲荷から見下ろした銀座の風景

楽しい
いやあ、楽しい。
こんな銀座、知らんやろ的な、何とも言えない優越感。
はなやかでお洒落なカフェやレストラン
裏路地は全く別の顔を見せる。

本にはビル街のはらわたのような
と表現されている。

行き交う人はみんなお洒落している
その人たちを向かえ打つ
そこにあるのは「産業」なんだろう。

まだまだ続きます。
続きは明日

銀座であえて細道探索、銀座のはらわた」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 銀座であえて細道探索。続き。表からの裏のまた裏 | でーこんのあちこちコラム

  2. ピンバック: [昭和歌謡]21 たそがれの銀座 | でーこんのあちこちコラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です