[徳川名参謀]3家光→松平信綱

徳川名参謀シリーズ
3代家光も合わせて読んでね
三代家光は男好き

家光の名参謀っていっぱいいすぎて迷うところですが
本では松平信綱(まつだいらのぶつな)となっています。

松平信綱
元々、信綱は大河内の姓。
将軍に会うことも出来ない。

松平正綱。
松平の中でもかなり格下で
真面目が取り柄で家康死後、ようやくギリギリ大名になった人物。
信綱のお父さん久綱の弟で、松平家の養子に入ったので
姓は大河内から松平に変わっている。

まだ少年だった信綱。
そこへ行って、
松平姓が欲しいです。
将軍家に奉公したいんです。
養子にしていただけませんか。

その心意気、天晴れ。
と、その場で即決定。
でも、もう一回久綱兄さんにちゃんと話してからにしてね

いくつの話だと思います?
6歳ですよ、6歳。

親、久綱やお母さんはどんな気持ちだったろうか。

少年信綱
8歳の時、家光が産まれる
信綱はお世話をする役に任命される。

秀忠が少年信綱に刀を預け、大奥に
信綱は、待ちくたびれて、居眠りしちゃった。
戻って来た秀忠は、それを見て、起こすほどもないと
そっと、刀を取っていこうとした。
すると目が覚めきっていない信綱
「やるまじき!」と抵抗。
秀忠も偉いよね。
叱るどころか、その忠義心に
「その心を一生忘れるでないぞ」

雀が巣を作っていた。
その中にひなが。
家光が
見たいなぁ
信綱は、はしごをかけて取ろうとしたんだけど
足を踏み外す。
ガラガラガッシャーン。
驚いた秀忠が飛び出してきた。
誰じゃ、誰に言われた。
私が雀の巣を欲しかっただけでございます。
何度聞いても同じ答しかしないのに業を煮やし
袋に閉じ込めちゃう。
お江はこっそりとご飯をあげる。
根負けした秀忠は、明くる日無罪放免にするんだけど
その時
竹千代(後の家光)はこの上ない宝を手に入れたな、と

老中、酒井忠世たちと会席中の出来事。
将軍がお呼びと聞いた信綱は
大慌てで出ようとしてお膳をひっくり返しちゃう。
養父正綱に
ご老中に失礼であろう。
誰が近くにいようと、お召しとあれば、常に早く御前に出たいと急いでいます。

一直線!

老中
家光は約30年、将軍の座につくけど最初の約10年は先代秀忠が存命で
いわゆる院制に近い状態だった。
秀忠が亡くなって、
ようし、やりたいようにやるぞっ

松平信綱は、そのために30代の若さで老中に大抜擢された。
なんてったって、産まれたときから世話してくれている
8歳年上のお兄ちゃんみたい。
気心が知れているどころではない。
秀忠時代の古株老中たちは、実際に実力派揃いだったので
その中に入るのは、まあ大変。

酒井忠世、酒井忠勝、土井利勝。

島原の乱
数々の功績の中でも、どーんとその名をとどろかせたのが島原の乱制圧。
最初に派遣された人達が戦死したり、重傷を負ったり。
仕方なく自ら総大将として出向く。
戦なんてしたことないからはたと困るわけだけど
そこは「知恵伊豆」と言われるほどの頭の良さを発揮する。
特に決定的になったのが
オランダ船に攻撃させたこと。
いつかは外国人達が味方についてくれるだろうと思っていたから
ショックは図り知れない。
そのあとバタバタバタッと

川越城の城主となる。
川越と言えば、あの天海ですね。
要所中の要所。
前任もその前も老中。
完全に超エリートコースに乗ったことの証。

平林寺
ウォーキング好きの私としては
信綱と言えば、平林寺。
私の家からそう遠くない、埼玉県は新座にあります。
紅葉が無茶苦茶綺麗な、大きな良いお寺。
ウォーキング同好会としてもウォーキングイベントをやってもらったことがあります。

信綱の墓があるんです。
隣に島原の乱の慰霊碑もあるんですよ。

あれ?
川越じゃないんだ。

信綱の遺言でこっちに移した。
大河内松平家の菩提寺だから。

大河内松平家って養父正綱が松平家に養子に入って作った家
大出世した訳だから
自分で川越に墓作っても全然問題ないと思うんだけど
自分の人生は、正綱が「天晴れ!」って言ってくれたことで成り立ったもの
って事なんでしょうね。

さらに「大河内」って入っていることに
何だかほろっと来ませんか
親子二代に渡って養子に入ったから松平なんだけど
大河内って姓を何らかの形で残したかった、その正綱の気持ちと
その気持ちを汲み取った信綱の気持ちが
墓に現れている気がしてね

そして久綱
可愛い盛りの6歳で子供を手放し
結果大成功したかもしれないけど
親としちゃあ
へいへいぼんぼんで良いから
一緒に暮らしたかったんじゃないかな

久綱の墓ではないにしても
大河内って一部ついている墓に入ってくれたら

おかえり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です