[百人一首]60 大江山~ 和泉式部の娘。ちょっと待ったぁそこのおっさん

大江山 いく野の道の 遠ければ
まだふみも見ず 天の橋立

大江山を行く生野の道は遠いから
まだ踏みもしていない〈文も見ていない〉天の橋立よ

小式部内侍
超豪華シリーズ、今日もすごいですよ。

小式部内侍(こしきぶのないし)は、そう
和泉式部の娘。
紫式部が親子(大弐三位)共々、中宮彰子に仕えたように
和泉式部も、親子共々、中宮彰子に仕える。
親子共にそれぞれ近い年齢だったと思われます。

さあ、小式部内侍も親譲りの美貌で大人気。
もちろん、親譲りの歌の才能も

でも、いつの時代もやっかむ人がいるものです。

小式部内侍が作る歌がいつもすばらしいもので
本当は、お母さんに代作してもらっているんじゃないの?

この頃は、和泉式部は数多い男性遍歴に終止符を打ち
地味な新しいお父さんの元へ。
一緒に旦那さんの勤務地、丹後に行ってたんですけどね。

鑑賞
さあ、この歌
そんな背景をふまえた、あるとき。

都で歌会が行われることになった。
小式部内侍も招待された。

藤原定頼(さだより)がやって来た。

今度、歌会に出るってね
歌の準備は出来たのかな
もうお母さんには手紙書いた?
お母さんも考える時間がいるからね

カチーン

ちょっと待ったぁ
そこのおっさん

と、即座に返したのがこの歌です。

大江山、生野、天の橋立はお母さんのいる丹後です。

大江山や生野の道は遠いからまだ行ったこともないわ

ここで、行くと生野をかけている

手紙?そんなもん見とるかいな

行っていない から 踏んでいないに繋げ
文(ふみ)を見ていないと。

見事!

電話もメールもないので
この歌は、100%小式部内侍が作った歌

で、相手のからかいを、見事にうちまかしつつ
このクオリティ

それ以来、代作疑惑は晴れたばかりか
この話でもちきり

どこぞの作曲家とはえらい違い

藤原定頼
藤原定頼ってそんな嫌な奴?

いえいえ、素晴らしい人です。
百人一首にも選ばれています。

朝ぼらけ 宇治(うぢ)の川霧(かはぎり) たえだえに
 あらはれわたる 瀬々(せぜ)の網代木(あじろぎ)

ただねえ。
あんたがそれ言っちゃいかんだろうと。

藤原公任(きんとう)の長男。
あんただって超大物の子供

実は小式部内侍のことが好きだった。

良くありますね
好きだが故に、ちょっかい出しちゃう。

カミさんが良く言ってました。

私ねえ
小学校の時モテモテだったのよ
授業受けてると、後ろから髪の毛引っ張られたり
向こうから消しゴムが飛んできたり。

もう、男子ったらぁ

あっそう。
そうかもしれませんね。

私には、
消しゴム投げつけたくなる気持ち
よぅぅく分かりますけど。

[百人一首]60 大江山~ 和泉式部の娘。ちょっと待ったぁそこのおっさん」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: [百人一首]64 朝ぼらけ~。チャラい男ってどう? | でーこんのあちこちコラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です