浜離宮恩賜庭園に行ってきた。

今日は、午後から、大門で待ち合わせ。
午前中空いてるぞ

大門でしょ
ということは浜離宮恩賜庭園だ。

浜離宮恩賜庭園
浜離宮恩賜庭園は、都立9庭園の中ではトップクラス。
とにかくどでかい。

浜松町から増上寺、東京タワーのイベントの下見の時
待ち合わせより早めについたので、ちょっと寄ってみた。

その時思ったのが
いかん、大物過ぎる。
ちょっと寄ってなんとかなる問題じゃない。
最低半日はかかる
いつかまた来よう。

それから、浜離宮恩賜庭園の事は
ずっと気になっていたんだけど
その間、江戸の事を色々調べると
あっちでもこっちでも、浜御殿でどうちゃらこうちゃら
浜御殿とは江戸時代の浜離宮恩賜庭園の呼び名です。
うーん、やっぱりちゃんと行ってみたい。

経緯
浜御殿は、4代将軍家綱が弟、綱重が甲府藩に養子に出たので
ここ使って良いよ と甲府藩の下屋敷として使わせた。
でも次の5代将軍、綱吉に跡継ぎが出来なかったため
この綱重の子供を徳川家は養子にもらい6代将軍家宣に

浜御殿は家宣が使っていたわけなので
そのまま、甲府藩のものから、徳川幕府のものへ

だから、他の都立9庭園に比べ群を抜いているんですね。
他は大名屋敷だけど、浜御殿は将軍屋敷
家宣は自分のもの意識が強いので、思いっきり金をかけて整備
さらに、11代将軍家斉は贅沢好きですから
ものすごい金かけて整備していきます。

明治維新後は多くの他の大名屋敷と同様、朝廷側に
特にここはあまりに良くできているので
天皇陛下が直接使う。
ということで浜離宮へ
その後、陛下のおぼしめしにより、東京都に譲渡
だから恩賜がつきます。

というぐらいだから
素晴らしいのなんのって。

そもそも、江戸時代は江戸城と同じ、城扱い。
ちょっと離れたところにある、海からの攻撃を護るためのお城
だから、大手門があり、枡形門

回りましょう
中の御門から入ったんですけど
聞くと、大手門の方で、ガイドブックを売っているとのこと
都立庭園ではそれぞれこのガイドブックを買うことにしています。
310円でかなり綺麗。

大手門行ってガイドブックを購入。
ふと見ると、11:00からボランティアガイドによる案内を一時間くらいでしてくれるとのこと
待ち合わせは13:00だから、大丈夫かな
色んなところであるこのボランティアガイド
時間が上手く合わなかったりして、利用したことがない。
ワクワクドキドキ。

それまで1時間は好きなように回ろう。

行きたいのは二つ。
江戸の歴史やっていて、浜御殿が関係して衝撃的な出来事が二つ。
一つ目は、15代将軍慶喜が鳥羽伏見の戦いから、何を思ったかみんなを置いて
船で逃げ帰ってきた。それで着いたのが浜御殿
徳川将軍シリーズ最終回。慶喜、まさかの
二つ目は、8代将軍吉宗が象を購入。長崎から江戸まで象を引き連れて、日本全国にセンセーションを巻き起こすんだけど江戸でその象を飼っていたのがこの浜御殿。
吉宗が輸入した象はどうなったか

慶喜
慶喜の逃げ帰ってきた場所はすぐ分かったので向かいました。

その場に立つと特別の感慨ですね。
歴史って、面白い
その場所に立ったからって、新たな発見があることなんて
我々素人にはない訳ですけど
何かが違いますね。

何を思って石段を上がったんだろう。
まあ、ばつは悪いですよね。
一つは単純に
良かった、生きて帰れたっていうのはあったでしょうけど。

しばし、打ち寄せる波を見ながらボーッとしました。

象については手がかりなし。
ガイドブックには象の事は書いてありませんでした。

仕方ない。
まあ、とにかく残りの時間、見て回って楽しもう。

庭園
見事としか言いようがありません。
庭園で唯一実際に残っている汐入りの池。
海水を引き入れて汐の満ち引きで変わる庭園の感じを楽しむ。
海に面しているから、開放的な海の様子も楽しめます。

小高い山の上から海を眺めて深呼吸。
向こうにレインボーブリッジも見えます。

鴨を捕まえて遊ぶ鴨場
なるほどね

ピンポンパンポーン
まもなくボランティアガイドによる案内が始まります。

いかん
もうそんな時間か
結構遠くまで来ちゃった。
急いで、大手門まで帰ります。

ボランティアガイド
結論
ボランティアガイドさんの案内は可能な限り聞いた方が良いです。

あの電通ビルの最上階からお正月にはやぶさが飛び降りてくるイベントがあります。
こっちの石垣とこっちの石垣、違うでしょう。補修したときの東京都の考え方が違っていたからです。
この葉っぱは何故切れているかと言いますとね
皆さんラッキーです。
ここの戸は閉まっていることはないんです。昨日台風だったので閉めました。
等々

へえ、そうなんですか
を何度も何度も言っちゃいました。

そして、極めつけ。

ここのこの場所に何がいたと思われますか?

あっ!

象なんです。

良かった。
あきらめてたのに。
震えるほど嬉しい。

象の話に何度も何度も大きくうなづいちゃいました。

大満足です。

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ

浜離宮恩賜庭園に行ってきた。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: お出掛けマップ | でーこんのあちこちコラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です