来たーっ、正式通知。江戸検定2級合格

郵便ポストの中の、郵便物をチェック

ああああっ
こ、これぞ待ち望んでいた例のものではあるまいか

間違いなく合格とは思いつつ
万が一と言うことがございます。

解答用紙に転記し忘れたとか
問題番号一つずつずれていたとか

何と言っても
受験日間違えたくらいの前科者でございます。

長女とカミさんとの談笑の間も気が気ではございません
こういう時ってカミさんすぐに気づくのよね

さっき何か隠したね

いや、何の事かなあ

ちゃんと確定してから言わないとね

テレビを見出したその隙に、
今だっ

ハサミを持って秘密の場所に

ああっ
ああああっ

受かってるー

この日を3年間待ち続けておりました。

右上に、名刺大のこんなものもくっついておりました。

裏はこんなの

渋いっ
そんな素晴らしいデザインは見たことがございません。
おそらく、よほど名のあるデザイナーがデザインしたのでしょう

ちょっと薄目なので、私の小さな財布に入れてもかさばりません。
当分持ち歩いて、みんなに見せびらかしなさい、というそういう配慮ですね
仕方ないなあ

長女とカミさんに

ほれっほれほれほれっ

散々合格したぞと言っておりましたので
反応薄い薄い

あっそう、
この前、合格したって言ってたじゃない

だから、正式に来たわけよ

ふうん

あかん
次女は早く帰って来んかなあ

得点は自己採点通りでした。
平均点は69.2点だったようです。

あれ
平均点69.2点て書いてあるよ
70点以上で合格なんでしょ
半数合格じゃない、しょうもな

そういうところだけは長女はめざとく見つけます。

確かにひょっとして近年で一番平均点高いんじゃないかな

複雑な気持ちにはなりますが
合格は合格

これで一級への挑戦権が与えられたということになります。

このカードに書いてある番号を入力して一級を申し込む

手紙に、来年の「今年のお題」が書いてありました。
新江戸百景 EDO→TOKYO今昔
20%がそのお題テキストから出題されます。
6月くらいに発売なんですけどね

うわあ
東京中くまなく歩いている私のためのお題みたい

何とも残念
さ来年くらいにこのお題にして欲しかった。

この前、3つめの過去問をやりました。
江戸検定1級、始動だっ
で、ひとつめ67点、二つ目47点と言いました。
何と三つ目は、37点
4拓で、25点は取れるわけですから、何ともなっておりません。
もう全く分かる気がしない問題ばかり
67点より、この37点の方が本当なんだろうなあ
2級で3年かかってますから
1級はかなりの長期戦を覚悟しました。

ああ、初年度にこんなお題を持ってくるなんて

索引はこちら
[江戸の文化]シリーズはこちら(少し下げてね)


シャコバサボテン

花カレンダー始めました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です