池袋から庭園三昧。その1(肥後細川庭園)

ゴールデンウィークも後半戦。
お出かけ、お出かけ

六義園良かったなあ
こうなったら、庭園でたたみかけるしかあるまい。
地図
池袋から
「江戸東京の庭園散歩」という本で、物色

新江戸川公園というのが良さそうだぞ

どこから行くかな
目白が最寄りの駅っぽいけど、ちょっとありそう。
どうせちょっと長めに歩くんだったら池袋から歩いちゃえ。

途中、雑司ヶ谷の鬼子母神にも寄りました。
都電荒川線も写真におさめてね
ちょっと出るのが遅かったから
もうお昼の時間
先に食べちゃお
おしゃれなカレー屋さんの「シエル」ってとこ


美味しかったなあ
食べたことない味
カレーに間違いなく、それなりに辛いんだけど
まるでチョコレートを食べているような感覚

目白台運動公園というのを経て

肥後細川庭園
新江戸川公園は、今、肥後細川庭園と名前が変わっているそうです。
肥後細川家の下屋敷だったところ。

ここは、庭園だけじゃなく、建物も入れます。
松聲閣(しょうせいかく)と言うんだけど、
細川家の学問所として使われていたらしい。

最近では、細川家の住宅にも使われたりしたんだけど
去年、リニューアルして一般開放
リニューアルオープンの式典には、
一時期そこに住んでいたことがあるという
細川護煕元首相も参列してテープカット。

出来たばかりなので、とても綺麗でした。
2階は庭園の展望所になっています。

そこから見た庭園です。

一時は荒廃した庭園ですが

江戸時代に書かれたこの絵の通りに再現
先ほどの写真の風景になります

庭園
ひとつの特徴は、後に西洋の「芝生」という考え方も取り入れ
見事にマッチさせているところ

実によく手入れの行き届いている庭園でした。

東京の庭園について書いた本で
「谷津」という地形を利用しているところに名園がある、と書いてあったけど
ここはその典型でしょう。

一方が高く一方が低い
その自然の高低差を利用
緑がどどっと迫ってくるように展開します。

高い方の山側に行ってみると
山歩きの楽しさを存分に味わえます

そういう地形だと湧き水に恵まれるので
回遊式池泉庭園には持ってこい
滝だって作れちゃいます。


えっ、このちょろちょろ?
って言ってはいけません
敢えて押さえ気味にしていると理解しましょう。

池の周りには、実に見事な松や灯篭の数々
このタイプの雪見灯篭は江戸の大名庭園でしばしば登場するんですが
庭園の名手、小堀遠州さんの発案のもの
当時大流行のいわゆるブランド品です。

十三重塔は、庭園には魅力的な逸品

ここの石組はかなり独特ですね

池は橋で渡されて三つに分かれるんですが
一番奥の池は、東京都で唯一、じゅんさいが取れるらしい。

植物が豊富で
熊本で独自に品種改良した肥後六花というのがあるんだけど
庭園の中の随所に散りばめられています
時期的にどれも難しかったんですが
6月の筈の肥後花菖蒲は綺麗に咲いていました。

永青文庫
山側に行った通用門の先に、永青文庫というのがあります。
細川家に伝わるお宝が展示してあるらしい
これは楽しみです。

その前にあったのが洞門
やったぁ、今朝本で読んだばかり
中国の庭園の考え方「閉じて開く」
わざわざ一旦見えにくくして、期待させ
バッと視界を開けて感動
その一例がこの洞門です。

永青文庫に入りました。

あっ
有料なんですか?
それじゃあ、結構です。

松聲閣も庭園も無料だったんですけどね
1000円はちと高い。
とても雰囲気のある外観だけを楽しませていただきました。

講談社野間記念館
これも有料でした。
とても綺麗なお庭だけ外から見て楽しませていただきました。

カトリック東京カテドラル関口教会
あっ、あれに見えるはひょっとして、カテドラル教会
その中にある、東京カテドラル聖マリア大聖堂は
東京のウォーキングの世界ではちょっと有名
行ってみましょう。

うわああああ
写真では伝わりづらいですが、
あまりの大きさの大迫力に圧倒されます。

建物や塔や
ど迫力
大阪万博のソ連館かっ


まだまだ続くのですが
長くなりましたので、一旦区切りますね
続きはのちほど

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ

肥後花菖蒲

六義園は和歌のテーマパーク。その2

昨日は六義園の前半でした
六義園は和歌のテーマパーク。その1

吹上の松

この松は園内で、99%柳沢吉保時代からずっとここにいる松です

不知汐路
⑨不知汐路(しらぬしほぢ)
わかのうらやしらぬしほぢにこぎいでて身にあまるまで月を見るかな
(和歌の浦のどこに流れていくかわからない汐路に漕ぎ出でて、自分にとって十分過ぎるほど、月を眺めようか)
藤原光俊朝臣 続古今

しらぬしほぢを通っていくと、そこは中国
ここから見た山が
安倍仲麻呂の
天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に いでし月かも

ようやく百人一首が出て参りました。
遣唐使で中国に行った、安倍仲麻呂がようやくもうすぐ帰れるという時に
故郷を懐かしんだ歌

あの月は、日本の月と一緒なんだなあ

六義園って漢詩の6種類のこと
「風」「賦」「比」「興」「雅」「頌」
これは、そのまま和歌の種類にも当てはまるんですよ
と言ったのが、紀貫之(きのつらゆき)
そえ歌・かぞえ歌・なずらえ歌・たとえ歌・ただごと歌・いわい歌。
六種(むくさ)と言います。

柳沢吉保も中国と日本の歌の道は一緒と言いたかったので
中国から見た、日本と同じ月

中国ゾーンでは、今は枯れちゃっていますが、蓮池
蓮を見ながら、安倍仲麻呂とその友達、李白が酒をくみかわした。
出ましたよ、蓮池
極楽浄土、浄土式庭園ですね

秋には見事な紅葉になるこの場所

中国の王子猷という人が
雪の積もった月夜の日に、
一人で見てるのももったいないなあ
友達んちで酒でも飲むかな

舟を繰り出した。
家の前まで行って

やっぱりやーめた

帰ってきちゃった

なんで?

興が乗ったから行ったが
興が乗らなくなったから、帰ってきただけのこと

衣通姬
⑩蛛道(ささがにのみち)
衣通姬(そとおりひめ) 古今
わがせこが来べきよひなりさゝがにの蜘蛛のふるまひかねてしるしも
(今宵はいとしいあのおかたが来てくれそうだわ。縁起の良い(ささがにの)クモがいたんですから)

細くて長い蜘蛛の糸のような道です。

衣通姬は神様です。
和歌の神様。
絶世の美女でした。あまりにも美しく、着ていた衣を通して輝いて見えるほど。
かぐやひめみたいですね。
六義園は、この和歌の神様を祀っている神社のような役割も担っています。

藤代峠
藤代峠(ふじしろとうげ)
僧正行意 続後撰
ふぢしろのみさかをこえて見わたせばうすみもやらぬ吹上の浜

和歌山の藤白峠を模しています。
山の手線内で2番目に高い山。(一番は戸山公園の富士山)

見事な眺めです。

ツツジの時期は、この下がツツジで満開になる筈ですが、
惜しい!若干時期が遅かった。

やっぱり、柳沢吉保は大したもんです。
公園内に山作る場合は例外なく富士山だったんですけどね
富士山外しますか
しかも、藤白峠って、こりゃまたえらいものを持ってきました。

孝徳天皇の皇子として生まれながら政争に巻き込まれ、処刑された有間皇子
その処刑の場所なんですね。

謀反をおこすことをそそのかされて、ばれちゃって
中大兄皇子、後の天智天皇に処刑されちゃうんですね。
19歳です

処刑の前に詠んだ歌です。

家にあれば 笥(け)に盛る飯を 草枕 旅にしあれば 椎の葉に盛る
(家にいれば器に盛って神様に供えるご飯を、こういう旅だから椎の葉に盛ることだ)

渡月橋(とげつきょう)
後堀河天皇 新勅撰
わかのうらあし辺のたづのなくこゑに夜わたる月のかげぞひさしき
(和哥の浦の蘆辺にいる鶴の鳴く声がして、夜の間に渡ってゆく月の光が寂しく照り続けている)

宿月湾(つきやどるわだ)
源親長朝臣 新千載
玉津島やどかる月の影ながらよせくる浪の秋のしほ風

奥の橋が渡月橋で、手前のところが宿月湾

ここも、藤代峠同様、最も有名ところを外してきます。
この渡月橋は京都の渡月橋じゃないんです。

和歌の浦で詠まれた歌に従って、そこに渡月橋という名前の橋がある訳じゃないけど
情景として、月が渡る橋としての渡月橋

京都の渡月橋って川面に映る月影が、橋を横切って反対側に渡る。
六義園の渡月橋の場合、中秋の名月の時、宿月湾に渡月橋の影が映るんだけど
その上を月が移動していく
こういう事ね

見てみたいなあ。

おでかけマップ
[庭園]シリーズはこちら(少し下げてね)

カタバミ

花カレンダー始めました

六義園は和歌のテーマパーク。その1

ゴールデンウィークです。
お出かけしなきゃ

とはいえ、今日はくうちゃんの健康診断の予約を入れています。
シャケちゃんの急死の原因が分かっていませんので
病気がくうちゃんに移っているかも知れませんからね。
(結果は良好でした)

3時には出かけないといけないので
いつものような、ウォーキングコースとしては無理
一ヵ所だけに絞ろう

とすると、
庭園シリーズの実践編として早いうちにやりたかった
六義園(りくぎえん)しかなかろう

その前に
六義園は駒込

ちゅうことは、江戸の理系力で調べたあの伊藤伊兵衛の染井村
染井吉野の発祥の地ですね
ソメイヨシノを作った男は伊藤伊兵衛?
染井吉野記念公園がある筈
確認しておきましょう

駅前すぐでした

およっ
これは

染井吉野発祥の地バージョンの郵便差出箱13号じゃありませんか
嬉しいねえ
こういう企画どんどんやって下さいね、日本郵便さん

六義園
六義園は誰が作ったかというと柳沢吉保
柳沢吉保ファンとしては、もうそれだけで震えちゃいますね
[徳川名参謀]5 綱吉→柳沢吉保

六義園ってりくぎえんとは、普通読めませんね
超文化人の柳沢吉保ならでは。
漢詩から来ております。

ここは、和歌のテーマパークになっています。
なぜ、漢詩が和歌なのかはのちほど。

柳沢吉保
庭園
和歌
ツツジ

でーこんとしては、よだれが出てしまいます。

さあ、都立9庭園ですので、11時と2時にボランティアガイドさんが案内してくれる筈。
都立9庭園は、ボランティアガイドさんの解説を絶対聞くべしというのは経験済みですので
11時に間に合うように、急げっ

ガイドさん
ちょうど間に合いました。
いつものように、常にガイドさんに一番近い位置を確保しつつ回りました。
今回も、ガイドさんからじゃないと絶対聞けない情報をいっぱい聞けましたよ。

最初にこういう「和歌のしをり」をもらえます。

和歌のテーマパークのガイド本ということですね
とてもラッキーです。

本当は八十八境といって、八十八箇所八十八首の歌がある筈ですが
何と言っても200年以上の時が流れているので
今、和歌と明らかに結び付くのは、十首余り
十分です。

和歌の浦
①和歌の浦
山部赤人 万葉
和哥の浦に潮満ち来れば潟(かた)をなみ葦辺をさして鶴(たづ)鳴き渡る
(若の浦に潮が満ちてくると干潟が無くなるので、
葦の生えている岸辺に向かって、鶴が鳴きながら飛んで行くことよ。)

山部赤人ですね
百人一首でちょうど取り上げたばかり
[百人一首]4 田子の浦に
ああ、嬉しい

③玉笹(たまざさ)
信実朝臣
いもせ山なかにおひたるたまざさの一夜のヘだてさもぞ露けき
(妹山と背山の間にある玉笹によって男女の仲が隔てられ、逢えぬつらさに涙が流れることよ)

和歌山の妹背山という山があるんですね
妹は女性のこと、背は男性のこと
真ん中に笹の形をした岩がありますね。それが玉笹
その向かって左側が妹山で右側が背山

これは池の中の中の島
神仙思想ですね
不老不死の庭園
池の中に、もうひとつ、ありましたよ。
蓬莱山

不老不死ですね
かっこいい石です。

この調子で紹介していくと長くなりすぎるので、歌の解説はごく代表的なものだけにしますね

⑤指南岡(しるべのをか)
紀淑氏朝臣 新千載
尋行く和歌のうら路のはま千鳥跡ある方に道しるべせよ

あちこちにこういう石柱がたっています。
ここの景色が八十八境ですよ、対応する和歌がありますよって印。

石組
石組お楽しみゾーンに入って参りました
こんなまっ平らな土地でよく滝を作りました。

やり水は玉川上水の支流の千川上水らしいです。

何と言っても見処は水分け石
上から来た水を三つに分ける

稲作の国なので、水を関係者に均等に分けるというのはとても重要なこと
公正な政治を行うという意味も込められています。

石組の中で一世を風靡した鯉魚石(りぎょせき)にも通じます。
この辺りの石組の話はまた改めてしますね。

そして、何とも目を引くのが、ワニのようなこの石

今は立ち入り禁止で上側から眺められなかったので、どれとどれかは分からなかったのですが
鶴石、亀石もあるそうです。

⑥下折峯(しをりのみね)
西行法師 新古今
吉野山去年(こぞ)のしをりの道かへてまだ見ぬかたの花をたずねん
(吉野山、去年つけておいた道標(みちしるべ)の道とは変えて、まだ見ぬ方の桜の花を訪ねてみよう。)
もう季節が終わったので分かりづらかったのですが
山桜が植えられた、吉野山ゾーンに入りました。
そこに「しをりのみね」と書かれた石柱

さすがは西行法師です。
私はこの歌が一番気に入りました。

西行さん、月と花の西行さんだけあって
吉野桜は、シーズンに毎年訪れています。
どこに良い桜があるかは分かっているので
木の枝を折って、
ヘンゼルとグレーテルのように、良い桜の場所を他の人も分かるようにしておいてあげる

しをり、って元々そういう意味だったんですね。
知りませんでした。

自分が去年付けたしおりがあるから
そちらに行けば、良い桜があるのは分かっているんだけど
今年は、新しい見所を探すために
違ったところに行ってみよう、という歌。

営業で言うと、新規開拓ってやつですね。

長くなりました。
一旦区切って、残りは明日にいたしましょう。

おでかけマップ
[庭園]シリーズはこちら(少し下げてね)


アリウム

花カレンダー始めました

相田みつを美術館に行ってきました。

相田みつを美術館に行ってきました。

その経緯はこちら
丸の内をふたつのテーマで歩く

相田みつを美術館
すみません。写真は写して良いんでしょうか

作品については、ご遠慮いただいています。
館内の様子とかは大丈夫です。


これは大丈夫。

まず、井戸が出迎えてくれます。

中を覗くと、文字が書かれるところや、水や、色々入れ替わる

さあ、順路に従って

面白い白板がありました
水を含んだ筆でそこに文字を書くと、黒く浮かび上がってきます。
乾くとまた消える

ありました。
あのお馴染みの文字

(パンフレットから)

何年前かなあ
心にずしんときて
詩集を買って。

今もどこかにあるはずだけど
どこなんだろう。

中学の頃から詩が好きだった
手帳サイズのノートに書きためて、200くらい
その内、曲までつけたのが50くらい

私は基本、芸術は抽象的な方が感動するタイプなので
詩でも絵でも映画でも。

そういう意味では好きなタイプの詩ではないんだけど
新しいジャンルなのかとも思う。
まあ、良いや
こんなに分かりやすくて、ドンと来て、等身大
名言、のような説教臭さもない。
自分にとって良いものは良いんだから。

相田みつを美術館は、息子さんがやっておられて
作品ひとつひとつに息子さんが、それにまつわるエピソードを書いておられる。

「良く誤解されるんですけど」
と書いておられて
展示してあったのが、般若心経
習字のお手本のような綺麗な字

伝統的な、通常の書家として食っていけそうにはなったんだけど
疑問が沸いちゃった

お手本があって書き写す
勿論、そこに自分流の表現というのは入ってくるんだけど
やっぱり、なんか違う。

自分で書きたいものを自分で考えて
それを書にする
それを人が詩と表現するなら
それは詩なのかも知れないけど

音楽で言うと
シンガーソングライターみたいなもの

そうすると、書体が変わってきた

さっきの
つまづいたっていいじゃないか
にんげんだもの
は、同じもので、32歳の時と50過ぎの文字が展示されているんだけど
やっぱり文字が違う。

以前どこかのおじいちゃんが新聞かなんかに投稿していた。
相田みつをっていうのは、とても良いことを書いています。
字は下手くそだけど。

笑いましたが
そう思うかもね

展示してある書で
今の私にずんと来るものと来ないものがある

昔はこういうの、響いていたなあ
でも、今の自分としては、こうは思わないんだよなあ

そういう今響くものを書き留めたくなった。

写真を撮るのはダメだと言われたから
文字で書いておこう。

タブレットを開いて
文字を打ち始めた

しばらくしたら、スタッフの人がやって来た。

あっ、書いてもダメなんですか。

打ち込むのはご遠慮いただいています。
その代わり
ボードと紙と鉛筆をお持ちしますので
そちらにご記入ください

なるほど、入口のところにボードと紙と鉛筆があったのはその意味か

書き留めました。

それを、買ってきたハガキや、図書館で借りた本等から引用して書を掲載します。
私が今響く書

最後にショップがあるんだけど
そこで買ったメガネ拭き

これが一番かなあ

しあわせ
何度も、言い方を変えつつブログで書いています。
私は、今、やたらめったら幸せ

3年前から、急にそうなりました。

そういう意味では
相田みつをの
〇〇しないといけないと思うんだけどなあ
できないわたし
のパターンは
そうだよなあ、とは思うけど
昔ほどは響かなくなったのかも

出来るようになったわけじゃないんです。
〇〇しないといけない、と思わなくなったし
出来なくても全然気にならなくなった。

人間としてあるべき姿、みたいなものに
興味がなくなった、っていうのかなあ
「良く生きる」みたいなことに頑張って
心が疲れるんだったら

自分が楽しいと思えることばかりをやっても
それほど批難を浴びないってことが分かってきた。

ブログも、ウォーキング同好会もそう。
自分が面白いと思うことだけを
調べてまとめて書いて、
ウォーキングイベントで、喋りまくる

一人でしゃべってばかりで、何だよあいつ、って思われるんじゃないかとか
途中にそう思ったこともあったけど
その辺は、吹っ切れた
イベントで喋りまくるのは、とても楽しくて止められない

根っから「出たがり」なんだなと心底分かった
ブログもそう

やたら楽しい楽しいとはしゃぎまくっているおじさんのブログ。
鼻につく、ってひとはいるでしょうね
でも3年もやってれば
そういう人はもう読まなくなっていて

いつもはしゃいでて、バカだなあとは思うけど
そういうでーこんは嫌いじゃないよ
って人が読んでくれている気がする
いただけるコメントでそれが分かる。

幸せなんです。
毎日が。

波瀾万丈で、波風ばっかり起こして
みんなに嫌われて
会社もいっぱい首になって
世の中を変えてやるんだって力んで。

でも、そういうところに幸せはなかった。

その時々は楽しいと思っていたんだよ
でも、今のこの尋常じゃない楽しさを味わっちゃうと
あの時自分は本当に楽しかったんだろうかって思っちゃう。

でーこんらしい詩をいくつか作ってみました。

じぶんひとり
たのしくっても
いいじゃないか

楽しい
ただそれだけ

前向き?
良いんじゃないかな
どっちでも

ゆったりと
生きる

なにも目指さない

こころそのままに

迷ったらゴー
はい、解決

心配ごと?
うーん
忙しくて
それどころじゃない

人の事なんて気にならず、平穏無事に生きている
でもね
どうにもこうにもならないことが、1年ちょっと前にあったんです。
とても嫌な奴が職場にいた
直接私に仕事の指示をするサブリーダー
人人具足
彼は彼で問題なし
って思おうとしたけど無理だった
随分頑張ったし、悩んだけど
「良く生きる」ことより「楽しく生きる」ことを選んだ

彼から逃げた

その時の会社を辞める必要があったけどね。

うまくやろうと努力はする
でも、どうしてもダメだったら
逃げれば良い
一生を精神鍛練に費やすには勿体ない

この最終手段を手に入れたのは大きかった
だから、今も、このあとも幸せいっぱい、って言い切れるんです。

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ