玉川上水。このルートには深い意味があった。

武蔵野の水路
昨日、お盆休みだけど、台風でしたのでお出掛けもままならず
図書館で本を読んでおりました。
目に止まったのが、「武蔵野の水路」という本。
玉川上水の分水(支線)を、全て現地調査して調べあげた、学術的な本。
3800円もする、大型のハードカバーの分厚い本なので
図書館でなければ見る事はないでしょう。

玉川上水って、江戸時代に江戸の人達の飲み水の為に
羽村から42kmにも渡って川を作って水を引いた
というところがすごい、と思っていた。

もちろん、それはそうなんだけど
この本を読んでいると
飲み水確保のためだけじゃないのかと驚かされた。

江戸から遥か西に42km
その間にあるのは、武蔵野の台地
地形的には、こんな風です。

荒川と多摩川に挟まれた台地。

この図を見て、なんでこのルートだったのかの謎が解けた。

玉川上水のが流れている線は
武蔵野台地の分水嶺(ぶんすいれい)の線と同じ
台地の中で一番高いところなので
雨が降ると均等に水が左右に分かれる。

分水嶺の尾根伝いに自然に川が出来ることはあり得ない。
どっちかにすぐ雨が流れちゃいますので。

敢えて人間が分水嶺の尾根伝いに用水を掘ることによってのみ可能。

では、なぜ、玉川上水は分水嶺伝いに流したのか
単純に江戸に飲み水を流したいのであれば
分水嶺にこだわらなくても、他にもルートはある。

別の目的

それは、玉川上水本流のみを見ていたのではわからない。
玉川上水には、本流から枝分かれした分水(支流)が30近く存在する。
その主なものは以下の通り

分水嶺なので、荒川側と、多摩川側にほぼ均等に分かれている。

そして、重要なのが、各分水の用途
以下の表を見れば一目瞭然。

本流はあくまで飲み水確保ですが
本流の目的が達せられる水量がある場合には
各分水の門が開けられる。

すると、分水の地域の人達も恩恵に携われる訳です。
実はそれは、飲み水だけに限定されない。
逆に言うと、分水で飲み水としての品質を確保し続けるのは難しいかも知れない。

若干水質は落ちたとしても、より大量に水を必要とするもの。
そうです。灌漑、農業用水です。

「分水嶺から水を流すと、最大限の灌漑面積を得られる」
という法則があります。

乾ききっていて、雑草が生い茂り
森にさえなり得なかった武蔵野台地が
玉川上水開発以降、新田開発が急激に進み
農業台地に劇的に生まれ変わるのです。

分水嶺に水を流す。
イメージして見てください。
台地全体が均等に水分に満たされ潤っていく。

ウォーキングしていると、立川崖線、国分寺崖線に
崖が連なり、そのあちこちに豊富な湧き水がある
これって、自然現象だとばかり思っていました。
人工的に作り出された現象だったんですね。
土地の中を通るうちに、美味しい清水となって湧き出る。

玉川兄弟は本当にそんな事まで頭に描いていたんでしょうか。
もしそうだったとすると、至上最高の兄弟ではないでしょうか
いや、考えていなかったと仮定しても
武蔵野台地全体の恩人に違いありません。

そして、その効果は農業だけではなかった。
潤った水は、生物を育んだ。
植物、動物。

そして、流れる小川は、子供達の格好の遊び場となり
原体験として心に刻まれた。
その風景は、絵画や文学の様な芸術も育んだ。

分水のうち、野火止用水、千川上水、品川用水で見られる事ですが
実は大名庭園の池泉の為に引かれた。
例えば、六義園は、千川上水から水を引いています。

動力にもなった。
分水には、多くの水車が作られ
粉をひく為の動力とかになった。

明治の一時期は、舟運にも使われています。

歴史
歴史を見てみましょう。

1653年、玉川兄弟により玉川上水開発。
その後、数々の分水が開発されていきます。

6上水と言われる
神田上水、玉川上水、本所上水(亀有上水)、青山上水、三田上水(三田用水)、千川上水
が揃います。
実は本所上水以外は、全て玉川上水からの水に寄っています。
先輩である神田上水すら、水が足りなくなって
玉川上水から神田上水に補水しています。

8代将軍吉宗が、急に神田上水と玉川上水の二つを残して、それ以外の4上水を廃止します。
理由は複数あるんですが
今回の本にいくつか面白い事が書いてありました。
品川分水は、当初から、細川家の池泉に水を引く目的だったけど、その目的が無くなったから廃止した。

吉宗のお陰でというか、井戸の技術がその後発達し
地下にある固い地盤を突き破って、さらに下から井戸水を吸い上げることも可能になった。

ただ、今回、本を読んで分かったのは
確かに上水は停止させられるんだけど
住民達の要望で、灌漑用水として復活したりしています。
さっきの品川用水も灌漑用水として復活。

そういった具合に、上水以外の用途でも復活すれば、台地は水で潤います。
そうすれば、井戸を掘れば水が出る。
実は、各上水は停止させられても
以前として玉川上水の水から飲み水を得ていると言えます。

明治19年に、コレラが大発生
水質の問題がクローズアップされ
明治31(1898)年、新宿に巨大な淀川浄水場が完成します。
玉川上水は、そこまで、37km水を運び、それ以降の5kmはここで役割を終えます。

昭和38(1963)年、淀川浄水場が廃止になります。
その跡地が、あの新宿副都心高層ビル街になるんですね。

羽村から12kmの地点に、小平監視所というのが出来
そこから、地下を通って、東村山浄水場に水が送られます。
現在もそうですから
玉川上水の12kmは今も、東京都民の水道水として役立っています。

それ以降は廃止。

さあ困った。

飲料水だけが良きゃ良いってもんじゃないことは学習しました。
どうするんだ。

すごいことがおきます。

昭和61年、1986年ですから23年後
12km以降にも、玉川上水に水が復活するんです。

12km以降廃止になった理由は、必要ないから、ということに加え
臭いとかの汚染問題があります。

なんと、12km以降に多摩川上流処理場というところで、高次処理水にして流すようにした。
飲み水とまではいかないが、玉川上水の12km以降には、水道水が流れている。
だから澄んでいて綺麗なのか。
そうなると、各分水も埋めちゃっていたのを堀り戻すところが出てきた。

分かってらっしゃる。
そして、粋です。

索引はこちら
[江戸の文化]シリーズはこちら(少し下げてね)

玉川上水を繋げよう。その2

玉川上水を繋げよう。その1
の続きです。

電車

あっ、この向こうの方に見える橋。
ネットに写真が上がっていた、電車が通る橋かも

しばらく、「玉川上水を横切る電車」を写真におさめるべく、待つことに。

なかなか来ないなあ。

諦めるか

その先を歩いて行っていると

カーンカーンカーンカーン
踏切の音。

戻れーっ

頑張った割には、電車小さくて良く分かりませんでしたね。
タブレットのおまけカメラなんで、ズームとかすると思いきりぼやけます。

水喰土(みずくらいど)公園

一番来たかったのがここ
みずくらいど、と読みます。
ここで玉川上水は、大失敗します。

御茶ノ水にある水道博物館で、玉川上水に関わる映像を見たんだけど
試しに水を流したら、ある場所で、全ての水が吸い込まれていってしまう。
残念!今までの苦労が。

その場所がここなのか。感慨深いです。
水喰土(みずくらいど)とは、地中で化け物が大きく口を開けて待っているような
ものすごい表現ですね。


固い岩盤層がこの辺りだけ薄くて、吸い込まれちゃったんでしょう。

失敗ルートで掘った跡がここ

この地図を見るとそれほど大きくコースは変わっていない。
現実にこの場に立っても、成功ルートと失敗ルートの流れはすぐ近くなんだけど
標高が随分違う。
失敗ルートの方がむしろ蛇行しているので
成功ルートを最初に取れなかった強い理由があるんでしょう。
有力な地主さんの土地だったとか、とても権力を持った神社があったとか
人が足を踏み入れがたい森だったとか、そもそも山だったとか

成功ルートを探るためには、少し掘っては水を流してみるという地道な作業を行った筈
元々避けた理由があるところでそれをやるのは大変だったでしょうね。

まだ、なんか出ますか。

公園の手入れをしているおじさんが話しかけてきた。

私がタブレットで写真とったり色々しているので
ポケモンGOをやっていると思ったようです。

いえいえ、玉川上水を辿っていってましてね。

そうなんですか
(急に嬉しそう)

掘ったところご覧になりました?

はい、すごいですね

上から見ると良く分かるでしょう。

それからしばらく、玉川上水談義

こんなの、たった8ヶ月で掘っちゃったんですからねぇ

こういうおじさんと話するのが
実際にウォーキングしてその場に行かないと味わえない醍醐味です。

ここからは、最後まで、ほぼ川の横を緑道として通れます。

物凄い猛暑ではありましたが
そこそこ木陰にはなっていたので
思ったほど暑くはなく歩けました。

日光橋。かっこいいです。下の方に煉瓦も残っていました。

ちょっと段差があったり

拝島分水取水口

玉川上水は、江戸の人達だけではなく
途中の周辺地域の人達にとっても神の様な存在。
うちの地域の方にも枝分かれさせて欲しいというのは当然
その内のひとつがこの拝島分水取水口です。

ようやくこの辺りで予定している距離の半分くらい
今日中に行けるか怪しくなってきた。

おっと、温泉があったぞ
汗びっちょりなんで本当はスッキリしたいし、
食事もまだ
こういうのを想定して、タオルも持ってきたんだけど
やっぱり、もうちょっと進んでからにしよう

私と同じ年齢くらいの夫婦がウォーキングしていて、ちょうどペースが会うようになった
私がちょっと早めのペースで歩くけど
ポイントポイントで写真撮ったりしていると、追い抜かれちゃう。
また、私が追い抜くけど、また追い抜かれ。

ちゃんと顔を見ていないけど、奥さんはきっと美人。
日焼けしないように腕になんか被せてます。
不細工だったらそんなことに気を使いませんからね。

良いよなあ
夫婦で玉川上水の脇をずうっと歩く
理想的な人生です。

じゃんけんして私が勝ったら
交換してくれないかなあ

途中、暗渠になりました。

反対側は綺麗な芝生が広がる広いゴルフ場でした

あっ、渋子だっ
素敵な笑顔だなあ

いかんいかん。幻覚を見ている場合じゃない。

橋の度にこういう案内があります。

この案内だと橋と橋の間が2cmくらいだけど、実際はどれだけ長いか。

途中、残堀川という川が横切ります。

いかん、玉川上水が無くなった。
残堀川に吸い込まれたのか
水喰川かっ
はい、大丈夫。現れました。

川の下を川が潜って横切る、サイフォン効果ってやつです。
勉強しております。

さあ、また分水です
源吾右衛門分水

左の丸こいのをぐいっと回すと門が開きます。

巴河岸跡(ともえがしあと)

江戸時代って、貴重な飲み水なので他の用途には使わなかったんだけど
明治になってから玉川上水は他の用途にも使われます。

実を言うと、この玉川上水のこの流れ
今も飲み水として使っているんです。
ゲゲッでしょ
大丈夫。

もう少し先の小平監視所というところで分岐し、水は地下を潜って、
東村山浄水場まで流れ
飲み水に大変身。
我々の地域は、東村山浄水場からの水道なので
私は今でも、玉川上水の水を飲んでいます。

要は、浄水という技術が明治になって出来たため
逆にちょっとぐらい汚れても大丈夫。
折角なので、船を往き来させて、舟運に使いましょう。
ということで、巴河岸跡は船着き場なんです。

金刀比羅山(こんぴらさん)
玉川上水のすぐ横に、山。
金刀比羅山です。
立川市唯一の山。
玉川上水を掘った土を盛り上げて出来ました。
金刀比羅神社と秋葉神社と浅間神社が勧請されています。

富士塚も兼ねていたんですね。
ここで理想の夫婦ともお別れです。


ここからも、そこそこありましたが
結局食事はコンビニでパンを買い
かじりながらひたすら歩きました。

玉川上水駅に、到着ーっ

今日は無茶苦茶歩きました。
ああ疲れた

おでかけマップ

玉川上水を繋げよう。その1

(8/12)の事です。

祝日だっ
お出掛けだっ

玉川上水
この前、新江戸百景巡りもコンプリートしちゃったから
今度の目標はどうしようかなぁ

気になっていた事がひとつ
羽村堰という玉川上水の出発点から福生まで、以前歩いたんです
羽村堰から玉川上水へ

一方、2回ほど、玉川上水駅から、小金井までも歩いています。
間とその先が抜けています。
地図で言うと
赤と緑を歩いています。
黄色を歩いて繋げたいな。

テレビの天気予報では、災害的猛暑です、と繰り返しています。
いかん。こんなことしちゃいられない。
暑くなる前に出掛けなきゃ。

今日は、猛暑対策スペシャルグッズを持って出ることにしました。
タオルです。
汗が出ても、ふきふきしながら歩けます。
こらあかん、となった場所で、スーパー銭湯とかがあったら風呂入っちゃおう作戦。

トレードマークの帽子も忘れずにね。

福生(ふっさ)
福生はハゲの敵
ふっさふさやん

そうそう、このマンホール

あっ、ここ、この前時間過ぎてて入れなかったのよね
旧ヤマジュウ田村家住宅
前回行ったすぐ近くの田村酒造
ものすごい大きなお酒のメーカー

その分家になります。
分家でこんな広いの?
周りに廊下がぐるっと一周

家の人用のトイレと、お客様用のトイレが並んで二つ別々
女中部屋というのもあるんだけど、女中さん用のトイレも別にある
作り付けの収納棚、仏壇、神棚
三方から開く機能的な押入れ
昔ながらの歪んで見える窓ガラス
統一されているけど、一部だけ変えてある釘隠し
面白いもの一杯で、全部紹介していると、ここだけでブログ一回分になっちゃいます。

素晴らしいですね

ここは、田村酒造の分家ですが
この町で初めて郵便事業を始めた家なんです。

前の今は協会になっている建物
あそこが郵便局でした。

ええっ、そうなんですか

十字架の下、分かるでしょうか郵便局のマーク(〒)

蔵の中が又面白かった。
宿橋通りというこの前の通りが昔とても栄えたんだけど
だんだん住宅に変わっていっちゃった。

これは何とか記録に残しておかなきゃ無くなっちゃうということで
ご近所の窪田成司さんという方が絵を書いた、その絵が展示してあります。

素朴な絵、明るい色使い


ほっこり

地域の人達が、お神輿が廃止になったのを頑張って復活させるため、
得意の酒樽の空いたのを神輿に仕立てたりとか
とても良い話がほっこりの絵と共に書かれている。

おっといけない。
今日は、かなりの距離を歩かなきゃいけないの忘れてた。

玉川上水
改めて玉川上水

前回の最終地点。ここから繋げましょう。

玉川上水は江戸の人達に良質の飲み水を提供するため
遥か遠くの玉川から、人工の川を作って水を引いた
江戸市内は、木で作った水道管が地下に埋まっているんだけど
そこに流す水ね。

もし、この玉川上水が出来ていなかったら、江戸の発展は無かったと断言できる。

清岩院


とても綺麗な日本庭園。
東京名湧水57選にも選ばれています
東京名湧水57選って、明治神宮の清正の井戸を始めとして、有名なところだらけなのよね

中福生公園

霧状の噴水が吹き出していて
子供の水遊びにはもってこい

大人だって、災害的猛暑の中では天の恵み
一旦びっちゃびちゃになりました。

下の川緑地せせらぎ遊歩道

右下にすごい崖が続いていて、その端っこが遊歩道になっています。
玉川上水は崖の上側、多摩川は崖の下側を流れている。
ここに意味があるんです。

多摩川には大量の水があるけど、水は下から上には流れないから
江戸の近くの多摩川から飲み水として汲み上げられない。
まだ標高の高い遥か遠くの羽村から水を分岐させ
42kmの道のり。標高差はたった92m
ずっと同じゆるーいゆるーい勾配のまま水を流していく緻密な工事

崖の下側に降りてみると豊富な湧き水が滝になって吹き出している、
縞屋の滝というのもありました。

残念。フェンスに囲われていて、滝そのものは良く見えません。
音はするので、あることは間違いないんですがね。

ほたる橋

そこから見た玉川上水

黄色いコースのまだ4分の1程度
今日中には無理かなあ。

続きのレポートは明日ね

おでかけマップ

江戸東京博物館。「江戸のスポーツと東京オリンピック」

今日は、ウォーキング同好会のイベントです。

毎年猛暑対策にこの時期に行っている丸一日江戸東京博物館で江戸について喋りっぱなし

終わって、ああ疲れた。

イベントでは常設展示の江戸ゾーンを回ったんだけど
今、特別展の方で、「江戸のスポーツと東京オリンピック」というのをやっています。

前回のウォーキングイベントの時、メンバーから
招待券を2枚もらっていた。
普通に入ると1000円かかります。

イベント終わりで、あるメンバーが
せっかくここまで来たから
特別展も行きたいと。

じゃあチケット2枚持っているので行きましょうか。

江戸のスポーツと東京オリンピック

江戸ってスポーツって何だろう。

やっぱり武道や乗馬は、武士たるもの当然でしょう。
あと、思い付くのは、相撲。
江戸と言えば、相撲です。

意外にも家康が得意で
みんなに推奨したのが、水泳です。

ここまでは知っていたんですが
後は何だろうな

入口で撮影OKか聞いてみると
それぞれ、OKやNGのマークが付いていますとのこと。

はーい。

結論的には半分くらいしかOKが有りませんでした。

まずは水泳。
やっぱりそう来ましたか。
速さを競うものではなく
曲芸に近い感じ
とっても面白い絵だったんだけどいきなり写真NG

そのあと、馬術武道と来て、予想通り。
全部写真NG

出ました。予想外。
打球っていうんですと。
ポロに近いのかな。
馬にのって、玉を特別の道具でどうにかこうにか
全く分かりませんね。失礼。

そのあと、流鏑馬(やぶさめ)があって

やっぱり相撲
小野川と谷風の引き分け相撲

昔は引き分けというのもあったんですね

出た、雷電
重ねた手は私のね

蹴鞠(けまり)


江戸より前は、スポーツと言えば蹴鞠、というのは百人一首シリーズの時分かりましたが
どんなものでも自分達で取り入れちゃって遊んじゃうのが得意な江戸庶民。
やっぱり、蹴鞠も楽しんでいたそうです。

オリンピック
二つ目のテーマ、オリンピックゾーンに入っていきます。

嘉納治五郎先生

出たっ
金栗四三

友情のメダル

ベルリン大会での棒高跳び
金メダルが、アメリカの選手に決まったあと、日本人が銀、銅を争う
同じ記録のあと、風雨の中だったので、二人は話し合って中止を決定
帰ってから、半分にパリっと分けて半分ずつを接着したメダルを作る

おおおっ。本当に半分半分だ
残念。こんな良いのに、写真NG

1940年の東京オリンピックが決まったときの号外


せっかく決まったのに、戦況の悪化で、中止になった幻の大会。

そして、1964年の東京オリンピック

円谷幸吉のマラソンシューズも展示されていたのに写真NG
ああ残念。
円谷幸吉。おいしゅうございました。
会場のテレビで初めて、円谷幸吉のマラソンゴールを見ました。
競技場に入ってきた時は2位で、3位の選手にすーっと抜かれていく。
銅メダルでも十分なのに、色々言われたんでしょうね
自殺の時の遺書が悲し過ぎます。

体験コーナーとかもあって
大変楽しゅうございました。

おでかけマップ