ラフカディオハーンが見た、変わり行く日本

「外国人が見た、幕末・明治の日本」からのシリーズになります。

日本を愛した外国人、と考えて、一番先に頭に思い浮かぶのは
ラフカディオハーン、小泉八雲ですね

このシリーズで、日本の事を好意的に捉えてくれている外国人を多く見てきましたが
そりゃあ、一番日本の事を好きだったのはラフカディオハーンでしょ、って
そう思っていました。

この本を読んで、少しその認識は変わったと言いますか
より深くなったと言いますか

ラフカディオハーン
1890(明治23)年、ラフカディオ・ハーンは39歳で、長らく憧れていた日本の地を踏む

まるでなにもかも、小さな妖精の国のようだ。
人も物もみんな小さく風変わりで神秘的である。
青い屋根の小さな家屋、青いのれんのかかった小さな店舗、
その小柄な売り子が微笑んでいる。

イギリス人のハーンは、アメリカで新聞記者として働いた後、
ハーパー社の通信記者として日本にやって来る。
いわゆるお雇い外国人ではない。

その後、日本人と結婚し、日本に帰化し、二度と日本から出ることがないなんて
この時は考えていなかったでしょう。

来日から、4か月後、島根県松江市の松江尋常中学校に英語教師として着任する。

町の暮らしの始まりを告げる早朝の物音に起こされて、私は障子の窓を開け放つ。
そしてまず、川沿いの庭に芽吹き始めた柔らかな新緑の茂みの向こうに、
朝の様子を眺めわたすのである。
眼下に流れる大橋川の幅広い鏡のような水面が、すべてをうつろに映し出し、
きらきらと光っている。
その水面は宍道湖へと注ぎこみ、灰色に霞む山々の縁まで、
右手方向に大きく広がっている。

学校から家に帰る途中、お城の広場を抜けて近道をしていると、
しばしば楽しげな光景に出くわす。
三十人くらいの小さな男の子たちが、着物に草履履きの帽子を被らない格好で
これも和服を着た若いハンサムな先生から、行進しながら歌を教わっている。
男の子たちは、歌いながらみんなで列を作り、小さな素足で拍子をとっている。

翌年、熊本第五高等中学校に異動するんだけど
松江の同僚や生徒たちとの別れの時に、こう綴っている。

彼らを目の前にして、私はこう自問するしかなかった。
このうれしい顔ぶれを 「もしどこか別の国で、同じ期間、
同じ仕事をして暮らしたとして、これほどたゆまぬ温かな人情の機微に触れる喜びを味わえただろうか」と。
私はどの人からも、親切で丁重な扱いしか受けなかった。
ひとりとして不注意からでさえ、私に卑劣な言葉を発した者はいない。
五百人以上の学生を教えていて、堪忍袋の緒が切れそうになったことは、一度としてなかった。

至福の日々。
しかし、熊本では、全く同じ感覚で進んではいかなかった。

西南戦争で荒れ果てた地は、出雲の神々が住む松江とは異なった風景だった。
それにしても、住む人と松江の時と同じように触れあえたら

問題は、そこ
それは決して、熊本がということではなく、日本全体が
少しずつ、軍国主義的な方向へ進んでいってしまう。

そしてとうとう、1894(明治27)年、日清戦争勃発

出征の時に見かけた兵士達。
たまたま、彼らが凱旋帰国する時に遭遇する。

見ているわたくしには、これがみな、さきに出征の時に見たのとおなじ兵士たらだとは、
どうしても思えなかった。
どれもこれも日に焼けたこわい顔をして、髭をぼうぼうと生やしたのが大ぜいいる。
紺いろの冬着の軍服は、すり切れたり破れた靴などは、もう形もないまでになっている。
しかし、威勢のいい大股の足なみは、いかにも鍛錬された兵士の歩調だった。
かれらは,もはやただの若者ではなくて、世界中のどんな軍隊すら相手どることのできる荒武者であった。

変わってしまった
と嘆くところだろうが、次の瞬間に不思議な気持ちになる
下男の万右衛門に、「彼らは今夜、帰らぬ戦友を偲ぶことだろうね」と問いかけた時。

西洋では、死んだものは帰らないとおぼし召すでしょうが、
わたくしどもは、そうは思いません。
日本人はだれでも、死ねばまた帰ってまいります。
帰る道をみんな知っております。
へぇ、みんな、もうわたしどもといっしょにおりましてな。

何を言っているのだろう。

単純に日本礼賛の時期を越え
かといって、変貌した日本人を嫌悪するかと思うと
不思議な日本人の精神構造に出会う

一体彼らは。

生涯をかけた研究テーマになるんだけど
向こうにいる日本人を観察する、という方法を取らなかった。

自分が日本人になるという道を選ぶ。

我々日本人
我々日本人は、どういう日本人だろう。

小泉八雲も含めた日本人達から
何を引き継いだろう

何を伝えていけば良いんだろう。

索引はこちら
[外国人がみた日本]シリーズはこちら(少し下げてね)


ジニア(百日草)

花カレンダー始めました

井上でんは、尊敬すべき発明家

江戸のヒロインシリーズです

井上でん
江戸時代には、女性の仕事として機織り(はたおり)というのは一般的だったようです。

井上でんは、久留米に産まれます。
でんも、7歳の頃から機織りを習うんだけど
外の女の子と大きく違っていた事がひとつ。

機織りが好きで好きで仕方がなかった。

来る日も来る日も機織りに没頭。

当時は、無地か、縞模様程度の柄しかなかったんだけど
でんは、古布で、ところどころ白く色落ちしちゃったのを、じーっと見つめる。

どうしたん

うん
ここが藍色でね
ここが白

そうね
色落ちしちゃったからね

ということは
この横糸も、ここが藍色でここが白
この縦糸も、ここが藍色でここが白

そうね
最初はそうじゃなかったけどね

最初からそういうふうに染めた糸で織ったら
白く丸い柄が出来るわね

??
言っている意味が・・
ちょっと私忙しいから行くよ。

加寿利
染めるとき、糸を束ねておいて、染めたくない部分だけ、キュッと縛ってから染める

加寿利(かすり)が誕生した歴史的瞬間です

何がすごいって、この時の年齢
13歳です。
普通なら鼻たらしてます。

試行錯誤を重ねて、織れる柄が増えていきます。

この革命的商品「加寿利」を大々的に売り出して大ヒット

すごいことに、15歳の時、すでに弟子を20人くらい取ります
15歳ですよ。
普通なら、鼻たらしてます。
(お医者さんに診てもらった方がいいかな)

結婚
21歳で結婚。
二男一女をもうけます
この人やっぱりすごい。
スピードを緩めるどころか、スピードアップ
「久留米原古賀織屋おでん 大極上御誂(だいごくじょうおめし) 」
というブランドをつけて、商売を広げていきます。

いやあ、大したもんですなあ
と思うんですが
本人、全く満足していない。

こんなんじゃダメ、ダメなのよ
ひょっとして、あの人なら。

頭に浮かんだのが、久留米で評判になっていた「発明少年」
田中久重その人です。
そう、後の東芝の創始者です。
田中久重。東芝未来科学館に行って来ました。
田中久重。東芝未来科学館に行って来ました。続き
からくり人形で人々を驚かせ「からくり儀右衛門」と呼ばれます

とは言え、東芝の創始者となる程までとはその時は分からないわけで
井上でんは、超ヒット作を産み出したれっきとした実業家
三人の子供の母親でもあります。
そんな26歳が、15歳の元を訪ね、頭を下げて知恵を請う。
15歳ですよ、15歳。
普通なら・・・

紺の中に、花や鳥のような模様を織りたいの。よい方法はないかしら

はあ?
先程、模様が出来たと言いましたね
そうしたら、花だろうが鳥だろうが、原理は一緒でしょうに

普通の大人がやって来たなら、逆に反発したかも知れませんね。
お互いに通じるところがあった。
10代前半でも、何か大きな事をやり遂げるには十分。

これ面白いかも知れない
久重は、何度も何度も質問をし
試作を繰り返す。

そしてとうとう出来上がります
板締め技法
板面に絵の模様を彫刻して、それから織り糸をその板に張り、
もう1枚の板で挟んで、かたく締めて染める

糸は出来た。
よしっ
それを思ったように正確に織りあげる
その為には、でんの技術
そして
久重は機織り機の改良まで手をかけていくのです。

絵がすりの誕生です。

その後、でん28歳の時
旦那さんが亡くなってしまいます。

もちろん、何があってもめげるでんではございません。

そして、でんの良いところは
守ろうとしなかったこと

自分の得たノウハウは全てオープンにし
弟子を積極的にとって、伝えていく。

40歳の頃には、弟子の数、実に3400人

70歳を越えても、まだまだどこへでも出掛けていって
ノウハウを教授したと言います。

おかげて久留米に始まったかすりも
全国で広まっていくことになるのです。

索引はこちら
[江戸のヒロイン]シリーズはこちら(少し下げてね)


ムクゲ八重咲き

花カレンダー始めました

薬の事なら、小野蘭山に聞け

江戸の理系力シリーズ
本草学(ほんぞうがく)に入ります。

以前の遺伝学の成田屋留次郎、伊藤伊兵衛、水野忠暁らとかぶる感じはありますが
本草学は、植物を薬の観点からアプローチしたもの
薬学と言って良いかも知れません。

小野蘭山
おのらんざん 本草学 1729~1810

享保14(1729)年、京都に生まれる。

子供の頃から植物大好き
11歳の時、中国の植物書「秘伝花鏡」の全てを写しながら読破
16歳で本格的に弟子入り
25歳で私塾「衆芳軒」を開くまでになる

まだまだっ
とお勉強

寝るのは午後8時

あら、言う割には、早く寝るのね。
江戸時代は、ろくな灯りもないし仕方ないか、と思うでしょう

起きるのが、午前2時

もっと暗いです
蛍の光、窓の雪

そこから来る日も来る日も本を読む

幕府から
京都に本草学ですごいのがいるらしい

幕府から声がかかったのが、蘭山71歳の時

もう少し早く気づいてあげられなかったんだろうか

勉強できなくなると、嫌で嫌で仕方なかったんだけど
お上の命令には逆らえず、江戸へ

幕府の医学館で教授を勤めることになる。
蘭山の培った深い本草学が世の中に広まっていく

結果としてはめでたしめでたし

と思うでしょう

いいえ、ここからなんです。

この人の面白いのは、70歳にして
考え方を変えたところ

人間、本ばっかり読んでちゃダメ
外へ出よう。

おおおっ、あなたがそれを言いますか

本草学は、実際に役立つ薬草を全国から集めて回らなきゃ意味無いです。

良く言った!

ここから採取の旅が始まります。
芭蕉か、伊能忠敬かっていうくらい、徹底的に。
じいちゃん、歩く歩く

さらに、全国で弟子を取り、教えて回る

そして、75歳にして、長年の研究成果を「本草綱目啓蒙」という本にして発表
多くの弟子達に手伝ってもらいながら
なんと、全48巻を3年かけて完成。

学問的な成果もさることながら、蘭山はとても人柄が良かった。
80歳になった記念に祝賀会を開くと1000人もの弟子達が集まった。

さらに、「広参説」という本を執筆
でも、風邪をこじらせて、病床に伏す。
いくらなんでも、もう御苦労さんで良いと思いますが
病床の中で書き続け、とうとう完成。

間に合ったぁ
よし、この発表をもって

いや、気に入らないところが多々ある
もう少し正確性を高めねば

ええっ出さないんですか?

うーん、筆が、持てない

ほら。
良いじゃない、出そうよ

職孝、手伝ってくれる?

孫に作業してもらいながら、修正を続ける

そして、文化7(1810)年、1月27日、命が燃え尽きる
82歳でした。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)


エゴノキ

花カレンダー始めました

出雲阿国はダンシングクイーン

江戸のヒロインシリーズ

ちょっとちょっと
江戸のヒロインって言うんだったら、まずは出雲阿国(いずものおくに)からじゃないの?
はい、仰る通りでございます。

出雲阿国

世の中にすごい人は数々あれど
今まで無かった大きなジャンルを、世の中に誕生させたっていうのは尋常じゃないですね

慶長8(1603)年、京都の町は、新しい芸能の話題で持ちきり

ある女性が派手派手な男装をして茶屋の女性とちょっと戯れる
それを基本的には、踊りで表現
ミュージカルって事なんでしょうか

かぶき者といわれていた男を演じるわけだけど
傾くと書いてかぶく
アンチ体制みたいな、やんちゃな感じの困り者の男達

関が原の戦いの3年後だから
色んな事が江戸の方に移りつつあって
京都はどうなっちゃうんだろうと不安な時期

今までの「踊り」は正式には、雅楽、能、狂言といった男性のみのゆったり動く世界。
一方では、庶民の間には人に見せる芸能ではなく、自分達が踊って楽しむ
お盆の行事の念仏踊りとか、風流踊りとかいうものが流行っていた。

びっくりしたでしょうね
女性が踊る?
しかも男装
題材は、いるいるああいう人、って物真似の要素も入って大爆笑だったんでしょう
踊りはリズミカルで、本音で言うと自分達にはこっちの方が馴染みがあるのよね、ってもの

そりゃ大受けでしょう
新しい時代の到来、って感じですね

出雲阿国というのは
出雲大社の巫女さんとは言っているものの、ちょっとあやしい
出雲大社から、名前を使うことのお許しは得ているようですが
京都の人かも知れません。
顔は、それほど美人って訳じゃなかったようです。

爆発的に流行したので
真似をする劇団が多数出たので
うちが一番ですよ、と天下一と名乗る

徳川家康の次男秀康が、阿国を招く
首にかけていた、水晶の数珠
いまいちやなあ
これあげるわ

珊瑚の数珠をプレゼント

我は天下一の男となること叶わず
あの女に劣りたるは無念なり
と涙を流した。

長男なき後、当然時期将軍の座は自分に来る筈がするりと素通りして
弟、秀忠のもとに行きましたからね

さあ、後発の者たちを突き放しにかかる必要があります。
かぶき者だけの一発屋ではなく、次なる人気者を演じましょう。

名古屋山三郎
とっても美男子で人気者だったんだけど
刃傷沙汰で死んじゃったばかり

その亡霊が舞台じゃなく
客席の方から登場する
この大受けの演出は
後の歌舞伎の花道に繋がっていきます。

それでも続々と人気劇団が出てきます。
一番人気は「遊女かぶき」
元々人気の六条三筋町の遊郭から
大勢の遊女が出張興業

客席も一緒に踊って
高揚と陶酔に浸る

この遊女かぶきは、各地方都市の
遊郭のあるところに飛び火して、全国的ブームになっていきます。

そうなってくると、かなりセクシー路線のものが登場し
行き過ぎってことで、とうとう女性のかぶきが禁止になってしまいます。

寛永6(1629)年、阿国がはじめてから
26年後のことになります。

その後
一度ついた火は、止まりません
女性がダメなら男性で

前髪をつけた美少年たちによる「若衆かぶき」
まだ元服していないので、前髪を剃っていないんですね

これなら良いと思いますよね

もっとダメ。
この辺が現代人には理解しがたいところなんだけど
少年を相手にした同性愛が当時横行していたんです。

これも禁止

結局、もっと落ち着いた内容の
成人男子による「野郎かぶき」とすることで
許可を得ます。

以降、芸術性を高めていき
今の歌舞伎のスタイルになっていくんです。

人気が出すぎたが故に、
紆余曲折を経て、女性が踊るというスタイルとは違ってはしまいますが
どっこい、歌舞伎という名前は脈々と受け継がれている訳ですから
歌舞伎を始めたのが出雲阿国ということは、全員異論なしでございます。

索引はこちら
[江戸のヒロイン]シリーズはこちら


キバナコスモス

花カレンダー始めました