蛤御門の変。丸焼け京都市民の反応は

昨日、磯田道史先生のTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」出演時の話を書きました。
磯田道史先生。日本の歯医者誕生のびっくり経緯。西郷どんのあの人の孫は
今日はその続きです。

今日の話もまた、磯田先生が自分で見つけた古文書で分かった事柄

蛤御門の変
元治元(1868)年、蛤御門の変が起きます。
明治維新の4年前。

長州が、前年の8月18日の政変で劣勢にたったのを挽回しようとした、言わばクーデター。
その時は、まだ薩長連合がなっていないので、
幕府側の立場で薩摩藩が大活躍。
長州を薩摩がコテンパンにやっつけるということになります。

蛤御門の変、自体は一日でかたがつくのですが
この時起きた大火災。
通称どんどん焼きと言うのですが
京都の町の6割を丸焼きにしてしまいます。

[磯田先生]
明治維新って、龍馬だ、西郷だって、志士たちばかりが注目されちゃいますよね
市民側から見た幕末・明治維新ってどうだったんだろうと、興味がありましてね。

特に興味があったのが、蛤御門の変
市民に大被害が及ぶ訳で
そこでどう感じていたんだろうと。

当時、7~8歳だった少年たちが
日露戦争のちょっと前くらいになったら中年くらいになっていて
新聞とかも発達してきているから、昔の事を思い出して色々語っている文章がいくつか見つかる

それを見ると

200年以上平和が続くと、戦争ってものは、もう歴史上の出来事で
感覚として分からない。

そうなると、面白そうだってことで見物に行く。
例えば、長州藩士の後を子供が追いかけて回るようなことも起きる。

本人たちも、戦争の仕方が分からないから
例えば、道を進むとき、
本来なら、横一列になって制圧しつつ進むんだけど
ちゃんと交通ルールを守りつつ、
片側を開けて、横を通りやすくしながら、行列して進んだりする。

長州藩と会津藩が向き合ったりしても、
戦争の始め方が分からないから
何をしていいもんかと
じっと静かに相手の事を見ているだけだったりする。

見物で取り囲んでいる市民たちもどうなるんだろうね、と話しながら見ている
急に、発砲した方が良いのかなと思った誰かが発砲して
その音にびっくりして市民たちは逃げるというような
そんな光景があちこちで起きる。

そんな中で唯一違っていたのが薩摩藩

私はフリーズパックと呼んでいるんですが
戦国時代の感覚がそのまま、フリーズされて幕末まで引き継がれているんです。

チェストー
とか言いながら、突進する

チェストと言うのは、知恵捨てよ、の意味で
恐怖感とか、家族の事とか、頭で考える事を一切がっさい捨て去って、という事。

見ている一般市民の観衆は
ああ、薩摩の世の中が来るぞと。

すごいのが西郷隆盛
勝敗がほぼ見えてくると
スパイを長州側に潜入させて、食料等、戦争の準備をしていた物資を隠していた場所を片っ端からつきとめ
奪っていく。

どうするかというと、それを市民に配り
市民を味方につける。

一方、慶喜の幕府や、会津藩、桑名藩はどうしたかというと
長州藩がゲリラ化し、各市民の住宅の中に入り込んで抵抗するのではないかと
市内の住宅に火をつけて回る。

すなわち、戦火が広がったんではなく、わざわざ焼いたんです。

そうなると、市民の住宅ばかりじゃなく、町ごと焼けちゃうから
お公家さんの家だって燃えちゃう。
お公家さんたちも、幕府に何をしてくれたんだと。

結果として、
勝った側の中でも、評価をグッと上げた薩摩藩と、
評価を下げちゃった、幕府、会津藩、桑名藩に分かれちゃいます。

長州藩士たちの死体を片付けるに当たって
市民たちにやらせるんですが
そんな仕事やりたくないですよね。
一つの特典を与えるんです。

死体の持ち物は自由にしていい。
例えば、財布を持っていたら
片付けた人のものにする

市民の中では、何人かの死体片付けで儲けて
それを元手に商売を始めて、一財産築いた者まで現れた。

激動の時期をしたたかに渡り歩いた市民だっていたんです。

では、最後の皇后陛下の話は明日ね

索引はこちら
[日本の歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)


ベビーサンローズ

花カレンダー始めました

磯田道史先生。日本の歯医者誕生のびっくり経緯。西郷どんのあの人の孫は

大好きな、TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」

定期的に、磯田道史先生が来てくれておしゃべり
毎回、とても貴重な話をしてくれてすごく楽しみにしています。

前回の時の話は、以前書きました
ねずみ小僧と目安箱

今回は、明治維新の裏話3つ

1.蛤御門の変の時の京都市民の反応
2.日本の歯医者誕生の秘話
3.明治天皇の皇后が天皇史上初めて東へ向かう、東京移転の時の日記

3つとも、むちゃくちゃ面白かったので、紹介していこうと思いますが
まずは、歯医者の話から

磯田先生が、古本屋のネット販売で見つけた古文書の中で分かった話なので
どこの歴史の本にも書いていないと思います。

江戸への進軍の前
慶応4(1868)年1月3日、鳥羽伏見の戦いで勝利した新政府
その大ボス、西郷隆盛は、江戸へと進軍を始めることになります。

続々と、新政府側につこうという藩が集まってまいります
みんな大興奮

岡山藩も駆けつけます。

岡山藩が京都に向かうとき、その間のある場所で不幸な出来事が起きます。

神戸です。
神戸には外国人がいます。

なんか面白そうだぞ
行列をなしての進軍に、見物人があちこちで人だかりになるんですが
神戸の場合は、それが外国人、フランスの兵士だった。

フランスの兵士が大挙して見に来ていると、
なんか怖いなあという感じがします。

岡山藩側の指揮官、
あまり見たことのない新しいタイプの鉄砲を見て
「てっぽう!」と声をあげちゃいます。

実は指揮官の「てっぽう!」は特別な意味があって、発砲の合図です。
訓練の行き届いた忠実な部下たちは、急いで発砲しちゃいました。

さあ、大事件。

フランス兵たちはそれ以上に訓練が行き届いております。
即座に応戦。

始まっちゃったよ。
戦争です。
世に言う、神戸事件です。

当然、フランス側の大勝利。
なんと、この江戸への大進軍の最中に
神戸は、フランスに占領されて、フランスになっちゃうんです。
知りませんでしたね。

ものすごい困ったのが西郷隆盛
困ったってなもんじゃないですね。
「さあ、江戸を総攻撃」って時に、背後の神戸はフランスになっちゃってます。
フランスは、幕府側に味方している国です。

西郷隆盛が岡山藩に対して

ホントに申し訳ないんだけど
今、とてもそれどころじゃないもんで
おたく切腹して、フランスに謝ってくれない?
と、手紙でやり取りしているのが、磯田先生の見つけた古文書

アメリカ留学
安住氏
「先生、肝心の歯医者がまだ出てきていませんけど」

そうそう。

何とか責任者がこぞって切腹して謝り
フランスに、なかったことにしていただけました。

コテンパンにやられた岡山藩
衝撃度は半端ありません。

元々、岡山藩は徳川慶喜の弟なので、
新政府に味方するとはいえ、気持ちの中では微妙なものがありました。

幕府だ、新政府だ言っているけど
なんか違うんじゃないの?
我々が向くべき相手は外国じゃないの?

表向きは、新政府に味方としておいて
独自の道を探ろうよ。

って事で、アメリカに留学生を出して
最新式の軍事技術を学んでこよう。

選ばれたのがなんとなんと
磯田道史先生の親戚の家系の方

アメリカに渡ります。

見るもの聞くもの驚きの連続。
食べるものだって
この世のものとは思えないものばかり

砂糖入りのお菓子をたらふく食べているうちに虫歯になっちゃった。

痛いよー
痛いよー

軍事の勉強どころではありません。

たまらずお医者さんへ

ちょちょいのちょいで治してくれました。

えっ?治るんだ。
驚いていると

ドクターは逆にびっくり

日本じゃ虫歯は治らないの?

はい。
塩なすびしかないです。

塩なすびを噛んでひたすら我慢。

あらら
ちょっとおたく
軍隊の勉強とかそういうんじゃなくて
虫歯を治せるようにした方が
日本の為になるんじゃないの?

仰る通り!

それから、最新の歯科医の技術を猛勉強
立派な、歯医者さんになるほどに。

岡山に帰国

殿!
分かりましたぞ
わが藩が向かうべき方向性が。

そうか、でかした。
ゆうてみい
どうすりゃ良いんじゃ。

虫歯を治しましょう。

歯医者藩
帰国した親戚の彼は、日本医科歯科大学の前身になる歯医者の学校を作ります。

こぞって、岡山藩の藩士たちはそこで勉強。

明治維新になり、どこの藩も藩士たちの失業問題でえらいことになりますが
岡山藩は大丈夫。

軒並み、みんな歯医者になれました。

「てっぽう!」のあの一言が
巡り巡って、日本の歯医者の礎を作ったんですね

歴史は不思議だわぁ

こぼれ話をひとつ

西郷どんの時代考証も磯田先生はやっています。
西郷隆盛の家の使用人、ドランクドラゴンの塚地が良い味出していましたね

磯田先生のところに、

先生!
私、あの塚地さんがやっている使用人の孫です。

ええっ、そうなんですか
今、何されているんですか

はい、うちは代々歯医者なんです。

それ以外の二つの話もまた、改めてしますね

索引はこちら
[日本の歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)


メランポジューム

花カレンダー始めました

最後の女性天皇は江戸時代。後桜町天皇ビシバシ

江戸のヒロインシリーズです。

前回、江戸時代の女性天皇の話をしました。
江戸時代にいた!女性天皇。明正天皇

そして、実はもう一人。
江戸時代に女性天皇がおりました。

後桜町天皇
わが国皇統史における最後の女帝です。

後桜町天皇は幼名を緋宮(あけのみや)、御名を智子(としこ)の、
桜町天皇の第二皇女として元文5(1740)年に誕生した。

お父さん、桜町天皇には、お母さんは違いつつ、一男二女

智子のお姉さん盛子は10歳で亡くなったので、残るは男女一人ずつ。

男の子に早めに譲っておこうと、延享4(1747)年に6歳の第一皇子遐仁親王に譲位しました。
桃園(ももぞの)天皇の誕生です。

その後、すくすくと成長し、と思ったんですが、残念
桃園天皇21歳の宝暦12(1762)年に崩御となってしまった。

大丈夫、桃園天皇、やるべきことをやっておりました。
皇子英仁(ひでひと)親王が生まれておりました。
一安心。

でも、どうしよう。まだ4歳。
桃園天皇だって6歳で即位した訳だし、大して変わらないんじゃないの?
幼帝の擁立は多くの前例があります。
でも、その前例で言うと、いずれも後見役となる上皇や皇族がいる

今回は、お父さんはもちろん、おじいちゃんもおじさんも、みんな亡くなってしまっていた。
女性の智子のみ。
さすがに、4歳の子に、
あんた、今日から天皇よ。あんじょうやってや。
とだけ言っても

えへっ、えへへっ。

後桜町天皇
実質的には智子が取り仕切らないといけない状況は仕方ない。
やり方としては二つあります。

幼帝をたてて、智子が女性の後見人

智子が女性の天皇となり、成長を待つ

なんと、前例からすると、女性の後見人より、女性の天皇の方がある
と、こうなった。
明正天皇のお陰です。

でも、明正天皇の時とは大きく違います。
あの時は、やりたがりの後水尾上皇がはいこっち

今度は、実質的にも天皇です。
さらに、次の天皇を育てるという役までこなさないといけません。
後桜町天皇の誕生。お父さんの名前を取ったんですね。
最後の女帝。
この時、まだ22歳です。

だめですよ、英仁様

えへっ

えへっじゃないでしょ、ハイは?

はい

厳しく育てたお陰で、立派に成長し、12歳になる

もう大丈夫ね。こんなに立派になって。
感慨深いわ
もう、おばさんはお役ごめんね。

譲位
後桃園天皇の誕生です。

桜桃桜桃ですね

さあ、このあとはゆっくりと。
恋でもしようかしら。

ところがです。
えらいことになります。

後桃園天皇即位から9年後、21歳の時に亡くなってしまうんです。

今際の際
ごめんなさいね
おばさん、ずっと厳しくしてばかりだったわね
もう少し優しくしてあげれば良かった

いいえ
大好きでした。
ずっと
こうお呼びしてもよろしいですか

お母さん

えっ
今なんて?

私にとっては、ずっとお母さんと思っていました。

ごめんね、本当にごめんね

再び
困りました。
生まれたばかりの女の子がひとりいるだけ。

この時が一番危機だったでしょう。

何度も話し合いが持たれて

仕方ない

辿って辿って、傍系の8歳の祐宮(さちのみや)
幼帝です。

今度は、女性の後見人が前例なしとは誰も言いません。
天皇経験者ですから。
後桜町上皇です。

またまた、厳しく育てる役回り

光格天皇の誕生です。

光仁、光孝、光格天皇など、傍系の皇族が即位した時に「光」の字が付きます

厳しく育てる中で、特に学問
徹底的にあらゆる学問を身に付けさせた。

お陰で光格天皇は、とても頭の良い天皇となり
江戸時代を代表し、数々の改革をやってのけた名天皇になります。

今の天皇陛下は、光格天皇の直系ということになります。

索引はこちら
[女性天皇]シリーズはこちら(少し下げてね)


ノシラン

花カレンダー始めました

川本幸民。日本で初めて作ったのは、ビールとマッチとカメラ

江戸の理系力シリーズ、長くやってまいりましたが、一旦最終回とします。

川本幸民
かわもとこうみん 化学者 

わが兵庫県、三田藩の藩医として生まれた幸民
早いうちから抜きん出た才能をあわらし
参勤交代に伴って江戸に入府します。

江戸では蘭学者・坪井信道の塾に入門し、緒方洪庵らとともに蘭学を学びます。

大きく花開くかと思いましたが、大事件。
1836(天保7)年、刃傷事件を起こしてしまいます。
事の詳細は分かりませんが、殺しちゃったか、巻き込まれたか

数年間の謹慎蟄居を余儀なくされます。

1841(天保12)年に謹慎が解けると、
その数年後にのちの薩摩藩主・島津斉彬と知り合います。
出たっ。科学大好き斉彬
1853(嘉永6)年に薩摩藩に転籍します。
さあ、そうなると薩長です。新政府側です。
あれもこれもやらせてもらえる斉彬で、色んな事できて
そのまま明治維新になだれ込みます。

超ラッキーではありますが
反面、先程の謹慎もあり、
生涯で三度も大火に会い、その都度家を焼け出されているので
順風満帆な人生とは言いがたいかも。

マッチ
嘉永元年、幸民がある裕福な商家に往診に出かけた

その主人が
西洋にマッチというものがあって、擦っただけで火がつくらしい

ほう、そりゃまた素晴らしい。

どうじゃ、先生なら作れるんじゃないか
もし作れたら、五十両差し上げますぞ

幸民の実験の日々が始まります。
当時のマッチは材料に発火点の低い黄燐を使っていたため、製作は爆発の危険と隣り合わせでした。

負けるもんか

いよいよ完成。

見ていただけますかな

商人の前でマッチで着火
ぼわっ

おおおっ

ということで五十両

あっ、あれか
あれは冗談じゃ

いいえ、払っていただきます。

なんとか逃れようとする商人でしたが
この話がどんどん広まっていき
引っ込みがつかなくなって、泣く泣く五十両を支払いました。

化学新書
化学新書という本を、1861年に出版
宇田川榕菴の舎密開宗と並び江戸時代末期の代表的な化学書です。

ビール
この『化学新書』に、ビールの醸造方法が書かれています。
それも、とても詳しく。

幸民がビールを作ったということが、明確にどこかに書いてある訳ではないので
100%ではないんだけど
基本的に実験しながら書いているので
まず、日本で初めてビールを作ったことは確実です。

たとえば「上泡醸法」と「下泡醸法」では、発酵温度や仕込時間、貯蔵期間などが異なる事が書いてある
上泡醸法は今、イギリスのエールなどで行われている製法と同じで
下泡醸法は、ドイツ風ビール。こっちは当時まだ確立したばかりなのになんで分かったんだろう。

1853年のペリー来航で、ペリーがおみやげで持ってきたビールを真似た、とも思われるけど
それだけで、「上泡醸法」と「下泡醸法」の違いなんてところまで行くだろうか
謎です。

カメラ
カメラもおそらく最初。
多才過ぎてクラックラ来ますね。

1830年代フランスで発明されたとされるカメラをためしに作り、
日本で最初に撮影に成功した。
このことは、遠西奇器述(えんせいききじゅつ)に書かれています。

初期のカメラは、色んな方式があり
それぞれ一長一短あった。

自分が最初に開発してから10年後
咸臨丸の使節団の中に滞米中に写した複製写真を持ち帰った者がいた。
おっ、これは違う方式、湿板写真だな、とすぐに分かり
その湿板写真式カメラも作っちゃった。

その湿板で幸民が取った写真が2枚残っている。
一枚は自分を撮ったものだけど
もう一枚は、これ

川本秀子さん。
奥さんです。

苦労かけたね、って事でしょう。
奥さん、嬉しかったろうなあ。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)


サルビアレウカンサ

花カレンダー始めました