フランスの公使、ロッシュ

幕末明治の外国人が見た日本、シリーズ

アメリカとイギリスを行きましたので、今度はフランス

フランス
フランスの初代公使は、ド・ベルクール
性格は穏和で、敵を作らないタイプ
その頃は、イギリスの公使もオールコックで
米英仏蘭の4か国は何をするにも共同歩調

でも少しずつ、アメリカとオランダが引いていく感じ
そうなると、イギリスとフランスの宿命のライバルが
主導権争いを演じる事になります。

そして、個人的感情がそこにプラスされていく訳です。

イギリスの公使がオールコックからパークスに
フランスの公使がド・ベルクールからロッシュに変わったのです。

ロッシュ
ロッシュはお金持ちの息子として産まれ、恐いもの無し
自由気ままな生活を送るが
お小遣いをせびる技は超一流。

学業をほおり出して遊んでいる息子を見て
アフリカのアルジェリアにも大農園を経営している関係で、アルジェリア行きを強く勧められる

しぶしぶ向かったアルジェリアで彼の生き方が大きく変わろうとは

ある娘に一目惚れするんです。
それからというもの、アラビア語を猛勉強
カトリック教も捨て、回教に帰依します。

ところがまだ数回しか会っていない娘、カデイジャが忽然と姿を消します。
聞くと、年老いた醜い族長の妾となり、南部に連れ去られたとのこと

その後、クローゼル将軍がフランスから赴任
その通訳に任ぜられたロッシュは仕事の中で、大首長アブデル・カデルと親密になる
アブデル・カデルはアルジェリアのほとんどを制するほどの大種族を率いていた。

そこにクーデター事件が勃発
クローゼル将軍はアブデル・カデルと協力し、制圧に動く。

なんとその首謀者は、カデイジャを連れ去った、族長だったのです。

ロッシュは、クローゼル将軍とアブデル・カデルを前にして
私にやらせてください。

ロッシュにとって、全てはこの日のための準備だったと言える
カデイジャ奪回大作戦。

待ってろよー

奇跡のような快進撃を重ね
敵は降伏

カデイジャは?
カデイジャという娘がいる筈

はい、確かにおりましたが
カデイジャなら
昨日殺されました。

お 遅かったか

その後、数々の交渉ごとをまとめあげ
外交官としての才能を大いに花開かせます。

その評判は、フランス本国に響き渡ります。

そして、大役が任ぜられます。

日本に行ってくれ

日本で
前任のド・ベルクールがとっていた仲良し路線
燃えたぎるような熱血漢、ロッシュにとっては物足りないものでした。

アブデル・カデルに惚れ込み
この男のためならと全力で取り組んだように
ロッシュには、徳川慶喜や小栗忠順(おぐりただまさ)や栗本鋤雲(くりもとじょうん)が
惚れ込むに値する男達だった。

違和感あります?
「惚れ込んだ男」ってところ?
まあまあ、そこは

一方のイギリスのパークス
これもまた、劣らぬ熱血漢。

うまくベクトルを合わせられれば、最強のコンビになったんでしょうが
どうにもうまが合わなかった。

パークスが薩長に肩入れするならば
こっちは幕府だ
ってところは多分にあったと思う。

カションというフランスの宣教師がいるんだけど
前任者とうまが合わず、函館に住んでいた
そこで、知り合って大いにうまがあったのが、栗本鋤雲
栗本鋤雲や、塩田三郎(後にカションとともにロッシュの通訳になります)を中心として
フランス語の学校を函館で開いていました。

このカションを呼び寄せ
通訳にするとともに
横浜にもフランス語の学校を開きます。

小栗忠順と組んで、横須賀に製鉄所兼造船所を作る計画
資金面で大きくバックアップします。

そして軍事面
フランスの近代的な軍事のノウハウを幕府に余すところなく教授していきます。

具体的に指導に当たったフランスの教官たちは、やはり幕府の面々に気持ちが入り込んだんでしょうね
戊辰戦争で、榎本武揚らとともに、函館まで行動を共にします。

どんどん肩入れが極端になっていくのですが
結果はご存知の通り

イギリスとフランスは大きく明暗を分ける事になります。

結果として勝ち馬に乗れなかったし
大政奉還の時点で、勝負あった、と判断すべきだったでしょう。

でも、それがロッシュという男なんでしょう。

大政奉還か、
じゃあやっぱり幕府はやめて
なんてなことが出来ますかって

勝ち馬に乗ることだけが人生ですかって

まあ国としてのフランスは、
おいおいロッシュ
状況みたら分かるだろう
今やるべきことはそれじゃない

解任

その解任届けが本人の手元に渡ったときには
もう、幕府はありませんでした。

索引はこちら
[外国人がみた日本]シリーズはこちら(少し下げてね)


アマリリス

花カレンダー始めました

ヒュースケン。みんなに愛された青年なのに。

外国人が見た幕末明治の日本、シリーズ
ハリス、唐人お吉と来ましたので、ヒュースケンです。

ヒュースケン
あれれ?
ヒュースケンはオランダ人です。

アメリカでの成功を夢見て、オランダを後にした21歳の青年
14歳で父親を亡くしてから、母ひとり子ひとり
そんな母と別れてまで、夢を追いたかった。

夢の舞台ニューヨーク
余りに貧しくて、辛いことばかりだけど
何とかここで一旗あげて、母親に恩返しだ。

ところが、2年でニューヨークを離れることになる
初代駐日総領事、ハリスに通訳として雇われた
これは、ビッグチャンス
よし、切り替えだ!
何とか日本で一旗あげて、母親に恩返しだ。

アメリカには日本語の分かる人は一人もいないし
日本にだって、英語の分かる人は一人もいない
でも、日本は長らくオランダとの交易はあるので
オランダ語となら通訳はいる
オランダ語を真ん中に挟めばなんとかなる。
オランダ人ヒュースケンに白羽の矢がたった訳ですね。

人気者
幕末明治の、公使関連の人たちで、ヒュースケンほど人気者はいないでしょう。
日本人にも、外国人仲間にも。

とにかく明るい。
ユーモアセンス抜群。
そして、一生懸命

英語とオランダ語を通訳できれば、役割的にはOKなんだけど
通訳というからには、と
日本語も猛勉強。

こんな日記を書いています。

今日、馬を一頭購入。高かったあ
この調子で行けば、自分の馬車を持って皇帝の一人娘に結婚を申し込む事にもなりかねない
そうなると俺は、ここの総督だ!

ああ、ニューヨークよ
夕飯抜きで過ごした時代
かかとも爪先も風に吹かれていた靴
穴だらけのズボン
あれはみんなどこへ行ってしまったのか
俺様ヒュースケンを見てくれ
馬に乗って練り歩いているんだぜ。

下田から、江戸へ将軍への謁見を許されて向かうとき
さながら大名行列のようだった。

行列の先頭で大声で叫ぶ
「シタニイロ、シタニイロ」
(大名行列ではシタニイ、シタニイとは言っていなかったそうです)
庶民は行列が通りすぎるまでひざまづいて顔を上げない。

さぞかし、この陽気な青年は有頂天になっただろうと思いますよね

逆なんです。

ひざまづく人たちを見て
心底うんざりし、悲しく思った。
ひざまづいているのは、私と変わらない、いや私より立派な人たちだ
この国の美人たちが自分にひざまづくのは、光栄かも知れないけれど
私はそんなことは望まない
むしろ、美人と並んでひざまづきたい。

ハリスとヒュースケンは大きな成果をあげる
日米修好通商条約の締結

突然
そんな日々は、突然終わりを告げる

プロシア使節の宿舎だった赤羽接遇所から
アメリカ公使館の善福寺に向かう途中
芝の薪河岸の中の橋付近に差し掛かったとき
暗闇から何者かが飛び出してきた

数十分後、血まみれのヒュースケンが
善福寺に運び込まれる
懸命の看病の甲斐もなく、息耐える

ハリスは人目をはばかることなく、泣き続ける。

ヒュースケンを恨んでいる人なんて誰一人いない
外国人なら誰でも良かった攘夷派

幕府はヒュースケンの母親に膨大な賠償金
1万ドルを支払っている
それは、親孝行?
とんでもない
そんなものを望む親がどこに居よう

あの屈託のない笑顔での土産話
ずっと待ち続けていたんだから

索引はこちら
[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)


マツバボタン

花カレンダー始めました

間宮林蔵。樺太は島である。

江戸の理系力シリーズ

今度は測量に参りましょう。

伊能忠敬はやっちゃったから
となると、この人ですね。

あら、やってませんでしたっけ、って感じ

間宮林蔵
まみやりんぞう 測量探検家 1775~1844

常陸国(ひたちこく=茨城県)の貧農の子に生まれた
子供の頃から算術が大好き。周囲を驚かせます。

林蔵の家の近くに小見川というのが流れていて
その数ヵ所に幕府が堰を作り、その水を灌漑用水として利用する工事をします。

林蔵16歳の時、工事を手伝うことになり、幕府役人に
距離や面積の算出法、堤の築き方についての意見を述べた。

何、こいつ、そんな事をなんで分かるんだろう
まあ良いや、ちょっとやってみたらすぐに分かること。

その通りやってみたら、ぴたっぴた。

幕府の普請役(今の建設省)村上島之丞(しまのじょう)の耳に入ります。

江戸に来い

島之丞の配下となり、その後25歳の時に
島之丞に従って、蝦夷の地へ渡ります。

そして、そこで
その時、蝦夷に滞在していた、伊能忠敬と運命の出会いです。

この熱心な若者こそが
私の後継者となるだろう。

持てる全てを、林蔵に伝えていきます。

そして、34歳の時、文化5年(1808)松田伝十郎とともに樺太(からふと)に渡ります。

唐突に出てきましたね、松田伝十郎
松田伝十郎は誰かというと、越後の貧農の子として生まれ
たまたま、道路工事中に監督の幕府役人に見込まれ、養子になっています。

似たような境遇の人がいたもんです。

少し前の1792年、ラクスマンが根室に来航して通商を要求
慌ただしくなってきたので
それまで、松前藩に「北の事は任したよ」と言っていたのに
蝦夷を直轄にしていた。

特に樺太が島なのか半島なのかは国防上とても重要
林子平は1786年に「三国通覧図説」の中で半島だとしているので
おそらく半島なんじゃないかなぁ

実は、ロシアも樺太が島なのか半島なのか分かっていなかった。
間宮林蔵が樺太に渡る4年前、ロシア使節レザノフが長崎に来航
帰り際に、樺太を測量したんだけど
島なのか半島なのかを特定できずにあきらめて帰っている。

林蔵と、伝十郎。
君達の出番だぞ!

樺太測量
僕は東から回るから、伝さんは西から回ってもらって良い?

ノテトまでたどり着き、対岸を確認
さあ、この間の海が北までストンと抜けた海なのか途中で行き止まりで地続きになるのが
もうちょっとだったんだけど
自然環境があまりに厳しくやむ無く撤退

意気消沈かと思いきや

うん、もうちょっとだぞ
よっしゃもう一回

一ヶ月後にはもう再出発
とはいえ、もう9月で厳しくなる一方
最初の方の、トンナイで冬を越す

前回来たノテトまで来たのが4月になっていた。
さあ問題はここから

島だとしたら、北の端っこがあるはず
ナニオーに到着
現地の少数民族、ギリヤーク人に案内を頼んでいたんだけど
これより北は危険すぎるんで絶対だめ!

あとから地図を見ながら追っている我々としては
もうちょっとよ。もうちょっとでくりっと右側に
とか思うけど、地べたにいる本人たちには分かりませんからね

また断念か
でも、対岸のアムール川の河口が見え
流れ出る水が南北に分かれて海流になっている
これは、島であると断定して良かろう

帰るかな、もうちょっといようかな
と、うだうだしているとき
とても良い話を聞いた。
ギリヤークの首長が対岸まで交易に出掛けるとのこと

ラッキー、うだうだしててよかった

船に、乗せてもらって海峡を渡る
交易のなされている様も目撃し
あちこち行ってから戻る

1年半の大冒険でした。
この時の測量は、伊能忠敬の地図に追加されることになり
後に、シーボルトはこの海峡を間宮海峡と名付けるのです。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら


ブラックベリー

花カレンダー始めました

丸の内、ロンドンの次はニューヨーク

前回、一丁倫敦の話をしましたね
丸の内がロンドンになった日

三菱が払い下げを受けたのが明治23年。実に84000坪
一号館の建設が明治27年
明治32年馬場先通りの4隅が完成、4軒長屋と言われます
間を埋めながら、13号まで。
ここまでで明治44年です。
一丁倫敦(いっちょうろんどん)としてはほぼ完成です。
ちょこっと離れて、同じく明治44年に帝国劇場
帝国劇場株式会社の代表取締役は渋沢栄一です。
フランス風の白亜の建物


建物の軒高(高さ)が統一されるんですね
50尺。15~6m

東京駅
さあ、大正に入って参ります。

鉄道が、新橋からの状態は変わっていない
東北方面からは、上野止まり

繋げたい!
そして、中央停車場を作りたい

諸事情があって、実現が遅れに遅れておりました。

大正3年にようやく完成
設計は、言わずと知れた、辰野金吾
ジョサイヤコンドルの弟子ですね。

基本の軒高は55尺。
それまでの50尺ルールを破っちゃいます。

それって明治時代のルールでしょ

左右の八角塔に突き出した棒は、は152尺(46m)

これを契機に、開発の中心が
馬場先通りから東京駅のど正面、行幸通りに移ります。

大正時代のこの町並み
新しいルールで統一するってどうでしょう

いいね、いいね
今までが50尺だから
今度は100尺だね

結構、安直です。
31m

まずは、大正7年に、東京海上ビル7階建て
どどーん

新基準でどんどん建ち始め
大正12年2月に、いよいよ丸の内の象徴
丸ビル完成でーす。

馬場先通りが一丁倫敦ならこっちは、一丁紐育(ニューヨーク)

ところで、大正12年と言えば?

そう
9月に、関東大震災ですね

東京全体が壊滅する中
一丁紐育はそれほど被害を受けませんでした。

丸ビルも館内はぐちゃぐちゃになりましたが
建物自体は無事。
実は関東大震災は11年12月にもかなり大きな地震を前もって起こしており
完成直前だった丸ビルは、耐震補強の筋交いを163箇所も追加していたんですね。

丸ビルの中から、浅草凌雲閣12階が崩れ去るのが良く見えたと言います。

皮肉な事に、これを契機に
被害の少なかった丸の内に首都機能が集中していくことになります。

昭和
昭和9年
象徴的な出来事が起きます。

明治生命館の完成です。

この建物、一丁倫敦の二号館の場所に建ちます。
隣接の土地のビルも壊し
どどーんと

当然100尺の新基準

一丁紐育が、一丁倫敦を飲み込んだ瞬間ということです。

これ以降、今に至るまでお堀端に面した建物はほぼ全て、100尺で揃うことになります

昭和4年に大ヒットした「東京行進曲」
一番が銀座で二番の歌詞は丸の内

恋の丸ビル あの窓あたり
泣いて文(ふみ)書く 人もある
ラッシュアワーに 拾ったバラを
せめてあの娘の 思い出に

終戦
昭和20年がやって来ます。
東京全土が焦土と化します

震災から20年余りですのにね。

前を向くしかない。

行幸通りの最後の大空き地に
新丸ビルが建ちます。
昭和27年です。

時代は進み、東京オリンピックが昭和39年

高度成長の時代に入ります。

昭和40年に、高さ147mの霞が関ビルディングの完成

超高層ビル時代に突入か

100尺の第一号、東京海上ビルが立て替えを予定
128mにする予定でした。

ここで、お堀端からの景観論争が勃発
すったもんだのあげく、東京海上ビル側も譲歩。
間取って、100mで一件落着

平成
またどどっと進んで、平成14年
丸ビルが立て替え
これを皮切りに
我も我もと立て替え、超高層化のラッシュ

でも下から見ると一旦100尺
その上に乗っかっているように見えますね
超高層ビルのくせして、100尺ルール
何ともこの考え方が可愛いね

今は一丁何なんだろう。

もう今は、どこを真似た訳でもない
一丁丸の内じゃなかろうか

索引はこちら


キンシバイ

花カレンダー始めました