江戸検定、ラストスパートだ

11/3は江戸検定2級の受験日です。

一昨年は、不合格
江戸検定受けたよ。64点

去年もまさかの、不合格
まさかの江戸検定2級、64点で不合格

世の中には、三度目の正直、という言葉がございます。

今年こそ受かると思うんですけどねえ。

一年に一度しか受験できないというのは、かなり厳しいです。
今年は、過去問も第6回の分から購入し、去年、一昨年の、第11回、第12回も含め
7年分揃えました。
100問ずつなので、700問という事です。

やってみましょう。

2ヵ月ほど前の話になります。
第8回の分だけ、54点と青ざめてしまったものの
それ以外は、74点とか76点とか
第10回は、80点超えでございました。

過去問については、それ以降も何度もやって、完璧です。

テキストについては
今年のお題「江戸のヒロイン」も
2級向けのテキストも結構読みました。

う~ん
受かると思うんですけどねえ。

唯一引っ掛かる点は
実は去年も、受かりそうな予感を持ちつつも
まさかの敗退を喫したということ。

受験
受験なんて機会は、
この歳になると、自分からわざわざ作らないと
出来るもんではありません。

おーいーで、みなさん聞いとくれ
ぼーくは、かなしい受験生
と、受験生ブルースを歌いつつ
楽しんでおりました。

でも、まさか3年続くとは思っておりませんでしたので
飽きてきた、というのはございます。

ヨシッ
何がなんでも、ラストスパート頑張って
今年で終止符を打つぞ!

索引はこちら
[江戸の文化]シリーズはこちら(少し下げてね)


千日紅

花カレンダー始めました

10/23 霜降 神田祭

二十四節気シリーズです

霜降   そうこう  露が凍って霜が降りる頃  10月23日

そうこうって読むんですね
しもふりかと思いました。

神田祭
神田祭については一度書いていますので、そっちも見てね
江戸の娯楽と言えば、祭でしょ(神田祭)



江戸時代の神田祭は「秋祭り」だったんです。
現在の神田祭は5月中旬に行われていますが、もとは旧暦の9月15日です。

神田祭は山王祭と並ぶ天下祭
幕府のお墨付きの将軍に上覧できる二つだけの祭です。

当然その盛大さは群を抜いています。

余りに盛大になりすぎたので
神田祭は山王祭は年毎に交代でやろうということになったので
同じ季節の初夏にやっても良いんでしょうけど
それでもやっぱり、秋祭りでした。

5月へと変更になったきっかけは明治になってからです。

神田明神の江戸時代の祭神は
大己貴命(おおなむちのみこと)すなわち大黒様と、
平将門(たいらのまさかど)公。

ところが、明治になると、朝廷から見ると反逆者である平将門、
考慮せよ、とのお達し

末社(大きな神社の中にある小っちゃな社)に格下げされちゃいました。

何だとぉ
やってられっかい

神田っ子はブチギレ
祭をボイコット

引っ込みがつかなくなって、10年間も中止しちゃいました。

10年後の明治17年、ようやく鞘を納めることが出来て

よっしゃ、久しぶりにやったるで

10年分の鬱憤を吐き出すべく
過去最大級の祭の準備をしました。
山車もどでかい奴

江戸時代は、旧暦の9月15日なので、今の10月なんだけど
明治で新暦になっていますので、そのまま、9月。

いよいよ明治17年の当日。特大の台風に見舞われ、でっかい山車(だし)が倒れてけが人が続出。
名付けて「将門台風」
平将門の祟りに違いない。

結局、台風の季節は避けたいということになり、5月に変更

都市が大幅に電化していき、町に電線が張り巡らされると
山車は大幅に規模を縮小しないと通れなくなり
神輿(みこし)中心に変わっていく。

ならば、10月にさえすればとも思うけどね

ルート
山王祭の時は、そのルートを書きましたね
[小暑] 7/7 山王祭のルートを辿ろう

山王祭のルート

神田祭のルートはこうです。

やっぱり庶民の祭らしく、下町中心になりますね

御上覧所から常磐橋御門までの祭ルートは神田祭と共通になります。

常磐橋御門で、前半終了。
常磐橋御門で山車はお役御免となり
以降の後半戦は、神輿だけになるっていうのも
山王祭と一緒

ここからもう薄暗くなってきますが
本格的に下町を練り歩くので、
盛り上がりは、より加速していきます。

山王祭に比べると
下町の繁華街を行ったり来たりの、これでもかっ

神田明神に帰る頃にはすっかり日も暮れ
疲れきっちゃいますが
アドレナリン出まくりなので

でやんでい、べらぼうめ

索引はこちら
[暦]シリーズはこちら(少し下げてね)


コスモス

花カレンダー始めました

川本幸民。日本で初めて作ったのは、ビールとマッチとカメラ

江戸の理系力シリーズ、長くやってまいりましたが、一旦最終回とします。

川本幸民
かわもとこうみん 化学者 

わが兵庫県、三田藩の藩医として生まれた幸民
早いうちから抜きん出た才能をあわらし
参勤交代に伴って江戸に入府します。

江戸では蘭学者・坪井信道の塾に入門し、緒方洪庵らとともに蘭学を学びます。

大きく花開くかと思いましたが、大事件。
1836(天保7)年、刃傷事件を起こしてしまいます。
事の詳細は分かりませんが、殺しちゃったか、巻き込まれたか

数年間の謹慎蟄居を余儀なくされます。

1841(天保12)年に謹慎が解けると、
その数年後にのちの薩摩藩主・島津斉彬と知り合います。
出たっ。科学大好き斉彬
1853(嘉永6)年に薩摩藩に転籍します。
さあ、そうなると薩長です。新政府側です。
あれもこれもやらせてもらえる斉彬で、色んな事できて
そのまま明治維新になだれ込みます。

超ラッキーではありますが
反面、先程の謹慎もあり、
生涯で三度も大火に会い、その都度家を焼け出されているので
順風満帆な人生とは言いがたいかも。

マッチ
嘉永元年、幸民がある裕福な商家に往診に出かけた

その主人が
西洋にマッチというものがあって、擦っただけで火がつくらしい

ほう、そりゃまた素晴らしい。

どうじゃ、先生なら作れるんじゃないか
もし作れたら、五十両差し上げますぞ

幸民の実験の日々が始まります。
当時のマッチは材料に発火点の低い黄燐を使っていたため、製作は爆発の危険と隣り合わせでした。

負けるもんか

いよいよ完成。

見ていただけますかな

商人の前でマッチで着火
ぼわっ

おおおっ

ということで五十両

あっ、あれか
あれは冗談じゃ

いいえ、払っていただきます。

なんとか逃れようとする商人でしたが
この話がどんどん広まっていき
引っ込みがつかなくなって、泣く泣く五十両を支払いました。

化学新書
化学新書という本を、1861年に出版
宇田川榕菴の舎密開宗と並び江戸時代末期の代表的な化学書です。

ビール
この『化学新書』に、ビールの醸造方法が書かれています。
それも、とても詳しく。

幸民がビールを作ったということが、明確にどこかに書いてある訳ではないので
100%ではないんだけど
基本的に実験しながら書いているので
まず、日本で初めてビールを作ったことは確実です。

たとえば「上泡醸法」と「下泡醸法」では、発酵温度や仕込時間、貯蔵期間などが異なる事が書いてある
上泡醸法は今、イギリスのエールなどで行われている製法と同じで
下泡醸法は、ドイツ風ビール。こっちは当時まだ確立したばかりなのになんで分かったんだろう。

1853年のペリー来航で、ペリーがおみやげで持ってきたビールを真似た、とも思われるけど
それだけで、「上泡醸法」と「下泡醸法」の違いなんてところまで行くだろうか
謎です。

カメラ
カメラもおそらく最初。
多才過ぎてクラックラ来ますね。

1830年代フランスで発明されたとされるカメラをためしに作り、
日本で最初に撮影に成功した。
このことは、遠西奇器述(えんせいききじゅつ)に書かれています。

初期のカメラは、色んな方式があり
それぞれ一長一短あった。

自分が最初に開発してから10年後
咸臨丸の使節団の中に滞米中に写した複製写真を持ち帰った者がいた。
おっ、これは違う方式、湿板写真だな、とすぐに分かり
その湿板写真式カメラも作っちゃった。

その湿板で幸民が取った写真が2枚残っている。
一枚は自分を撮ったものだけど
もう一枚は、これ

川本秀子さん。
奥さんです。

苦労かけたね、って事でしょう。
奥さん、嬉しかったろうなあ。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)


サルビアレウカンサ

花カレンダー始めました

宇田川榕庵。江戸時代に化学を究める

江戸の理系力シリーズ。
天文学、数学、医学、遺伝学、機械工学、博物学、本草学と進めてまいりました。
そういうと、化学って出てませんでしたね

江戸時代に、試験管とかフラスコとか無さそうだし、
いくらなんでも無理なのかな

いえいえ、どっこい

宇田川榕庵
うだがわようあん 化学者 1798-1846

江戸時代後期の津山藩(岡山県津山市)の藩医です。

元々は、大垣藩の藩医の息子
参勤交代制度のメリットだと思うんだけど
江戸に住んでいる、江戸詰め、と言います。
お父さんは、同じく江戸詰の藩医、宇田川玄随が師匠です。

息子さん、優秀ですね。養子にちょうだい。
はい、どうぞ。

ってことで、14歳で養子になったので、宇田川姓
岐阜から、あっという間に岡山です。

哥非乙(こうひい)説
化学者と言いつつ、他の事から話し始めるのは気が引けるのですが
色んなことやっています。

いっぱい本も出しているんですが、まずは19歳の時に出した本。
「哥非乙(こうひい)説」という本です。
コーヒーの産地、効用を説いたものです。
ハイカラですね
Coffeeの日本語表記である「珈琲」は、宇田川榕庵が最初。

喫茶店の珈琲館は宇田川榕庵を恩人と崇めないといけません

『西説菩多尼訶経』と『植物啓原』
ショメルの百科事典を読んだ宇田川榕庵はびっくり。

日本では、植物と言えば、観賞のための園芸として、より奇異なものを作り出すための品種改良
あるいは、本草学、すなわち薬草として有用なものを探す。

西洋には全く視点の違った植物の学問があるじゃないか

植物自体の構造や生理を探求する

物事には、それが形作られ、働きを持つさらに元となる仕組みがあったのか

分類や効用や改良は散々行ってきたけど
「植物学」と呼べるものに体系立てていくのは、榕庵からだと言って良い。

西説菩多尼訶経(ぼたにかきょう)って変な名前でしょう。
本が、お経のように折り本形式になっているから。
「菩多尼訶(ぼたにか)」というのは、ラテン語で植物学を意味するbotanicaからとっています。
何ともハイカラなお経があったものです。

その後、もっと本格的な植物学の『植学啓原』を出版しています。

榕庵の特色として、さっきの珈琲もそうだけど
現在の学問で使われている言葉を思いっきりいっぱい産み出している。
雌花、雄花、花柱、葯、柱頭などの訳語は全部、榕庵です。

舎密開宗
さあ、いよいよ化学ですよ。

物事のもう一つ元の研究という視点をおそらく日本人で初めて持った榕庵
化学に興味が向いていくのは当然の流れでしょう。

イギリスの化学者ウィリアム・ヘンリーが1799年に出版した Elements of Experimental Chemistry を
J・B・トロムスドルフ(de:Johann Bartholomäus Trommsdorff)がドイツ語に翻訳、増補した
Chemie für Dilettanten を、
さらにオランダの Adolf IJpeij がオランダ語に翻訳、増補した
Leidraad der Chemie voor Beginnennde Liefhebbers

うーんややこしい。
「それ」を読んで訳したのが「舎密開宗」(せいみかいそう)

日本の化学の夜明けでございます。
やりました。
イッヒリーベボクノフネですね

単純な翻訳ではなく、その他のあっちこっちの化学書から
あれやこれやを追記しているから
新たなオリジナルの化学書といっても良いくらいのもの

「舎密」とはオランダ語の「セーミ」に当て字をしたもので、開宗とは開くという意味。


さあ、ここで作り出した言葉は?

酸素、水素、窒素、炭素、白金といった元素名
元素、酸化、還元、溶解、分析といった化学用語
細胞、属といった生物学用語

すごいです。
何から何まで。

何と日本ではじめて、現在の化粧せっけんに近い石鹸を製造しています。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)


トラディスカンタナ シラモンタナ(白絹姫)

花カレンダー始めました